リアーナ、「私の元カレは誰も幸せになってないじゃん!」と意味深なメッセージを投稿

リアーナ、「私の元カレは誰も幸せになってないじゃん!」と意味深なメッセージを投稿

リアーナ、「私の元カレは誰も幸せになってないじゃん!」と意味深なメッセージを投稿の画像

 Hip Hop・R&B界の歌姫として、世界中に愛されているリアーナ。今年8月28日に開催された『2016 MTV Video Music Awards(以下、VMA)』では、4回ものステージパフォーマンスを行い、計13曲ものヒット曲を披露した。

 仕事運は絶好調のリアーナなのだが、男運はイマイチ。昨年、雑誌インタビューで公言した「最後に彼氏として付き合った相手」ことR&B歌手のクリス・ブラウンからは、2009年のグラミー賞授賞式前夜に暴力を振るわれ、破局。この事件から3年後に受けたインタビューで、彼女へのDV罪で逮捕、有罪になったクリスのことを「今でも愛している」と涙を流しながら語り、「愛情深いオンナ」「だめんず好き」だと同情を集めた。

 リアーナはクリスと破局後、プロ野球選手のマット・ケンプ、R&B歌手のドレイク、ラッパーのトラヴィス・スコットと交際したが、誰とも真剣交際には発展しなかった。歌手のオマリオン、俳優のジョシュ・ハートネット、プロバスケ選手のラシャード・ルイス、ラッパーのエイサップ・ロッキー、俳優のライアン・フィリップやレオナルド・ディカプリオとも浮名を流し、恋多きオンナとも呼ばれたが、いまなお多くのファンは「あくまで本命はクリス」「一途なオンナ」だと信じている。

 そんなリアーナだが、今年に入り、ドレイクと何度目かの復縁をしたと報じられるように。リアーナとドレイクが初めて会ったのは05年。リアーナの「Pon de Replay」のミュージックビデオに、ドレイクがエキストラとして出演したことがきっかけだった。この時、ドレイクは相手にされず、リアーナが彼を男として見始めたのは初対面から5年後で、初デートはクリスと破局した2カ月後の09年5月。しかし、これまでもリアーナへの愛を公言するドレイクに対し、リアーナは「今は誰とも真剣交際する気はない」と、つれない態度を取り続けてきた。

 そんなリアーナの態度にしびれを切らしたのか、先週、「ドレイクがモデルのダコタ・ゴンザレスと浮気した」「浮気を知ったリアーナは大激怒し、速攻でドレイクを捨てた」とも報じられた。ネット上では、「いつまでたってもクリスを忘れられないリアーナが悪い」「ドレイクを追いつめたのはリアーナ」という声が上がった。

 そんな意見に反撃するかのように、現地時間8日、リアーナがインスタグラムに「アタシの元カレは誰一人として結婚や幸せな交際をしてない。ってことは、問題はアタシじゃないってことじゃん。爆」とデカデカと記されたメッセージを投稿したのだ。

 リアーナの元カレは、クリスのほかに、マット、ドレイク、トラヴィスだとされるが、全員独身。クリスは元セフレが産んだ娘に夢中で特定のオンナはいないようだが、最近、女性に「拳銃を突きつけられた」と通報されるなどトラブルが多い。トラヴィスは、そんなクリスを捨てたモデルのカルーシェ・トランと現在交際中だとウワサされている。プレイボーイのマットも現在、シングルのようだ。

 リアーナが誰を「彼氏たち」に含めているのかは定かではないが、クリスが含まれていることは間違いない。そのクリスだが、米ゴシップ芸能サイト「Hollywoodlife.com」によると「まだオレのことが忘れられないのか。オレとくっつくのも時間の問題だな」と確信しているのだという。

 同サイトは消息筋の、「確かにリアーナのメッセージの通りだが、リアーナだって同じだ。ドレイクと長続きせず、トラヴィスやマット、レオとも真剣交際に発展しなかったのは、彼女自身に問題があるからだ」「クリスは今回のメッセージを読み、リアーナがまだまだ自分のことを思っていると確信した。実は、クリスは今もリアーナのことを愛している。だから、復縁するのは時間の問題だと思っているのさ」という話を紹介。近々、2人が接近するかもしれないと報じたのだ。

 とはいえ、2人の復縁の可能性は低いと見る人も多い。リアーナはドレイクとの破局報道後、トラヴィスが滞在するホテルにお忍びで訪れたようで、「クリスではなく、トラヴィスに癒やしを求めた」と見られているのだ。ドレイクとは別れていないという説もあり、子育てや法的トラブルでいっぱいいっぱいのクリスが入り込める隙間はなさそう。

 情熱的なリアーナに、幸せな恋愛をしてほしいと願うファンは多い。「愛する男と一緒になりたい」と、クリスと復縁するのか? 「愛してくれる男と一緒になりたい」と、ドレイクを受け入れるのか? はたまた、彼女を幸せにしようと名乗りを上げる男性が現れるのか? リアーナの恋愛ドラマから、まだまだ目が離せそうにない。

関連記事(外部サイト)