鈴木敏夫が明かす「宮崎駿と高畑勲の不思議な関係」とナウシカの幻の戦闘シーン

鈴木敏夫が明かす「宮崎駿と高畑勲の不思議な関係」とナウシカの幻の戦闘シーン

鈴木敏夫さん/子供時代の一番思い出の手塚作品は『W3(ワンダースリー)』だそう

 スタジオジブリのプロデューサーとして映画監督・宮崎駿、高畑勲と長きを共にしてきた鈴木敏夫さん。そんな鈴木さんが『手塚治虫文化賞20周年記念MOOK マンガのDNA―マンガの神様の意思を継ぐ者たち―』で、宮崎監督と、その師・高畑監督について語ってくれた。今回は特別にその一部を公開する。

*  *  *
 アニメーション制作で宮崎監督が強く影響を受けたのは、やはり高畑勲監督だ。スタジオジブリを立ち上げる前から現在まで約50年、その背中を追い続けてきた。

「宮さんって、実はしめきりをすごくきちんと守る人なんですよ。『ナウシカ』を連載していた時も、遅れたことは一度もない。それは、高畑さんの影響なんです」

「僕が出会う前、若い時に二人は組んで『太陽の王子ホルスの大冒険』っていうアニメーションを作ったんですけど、高畑さんは1年で完成させる予定を3年まで延ばした(笑)。会社と大喧嘩して、できないなら制作中断だ、って言われた時に、宮さんは泣いちゃったそうなんです」

「でも、高畑さんは『ここまで作ったんだから、絶対また再開するよ』って平気な顔で。宮さんは『この人は一体なんなんだ』って思ったそうです。その時にね、もし自分にしめきりのある仕事がきたら、絶対に守ろうって決めたらしいんですよ」

 クオリティを追求するために、多くの人に迷惑をかけ続ける高畑監督の姿が、宮崎監督は「怖かった」のだという。

「だから宮さんは今でも、このままでは間に合わないとわかると、締め切りを守るために、壮大なシーンを削ってしまう。『ナウシカ』だって、絵コンテでは巨神兵と王蟲が戦うシーンがあったりしたんですよ!」

「後に『エヴァンゲリオン』を作り『シン・ゴジラ』を作った庵野秀明がスタッフのひとりとして『ナウシカ』に参加していたんですが、彼はいまだに『自分が描きたかった』と口惜しそうに当時を振り返ります」

「むろん、宮さんだって好んでそうした訳じゃない。熟慮の末の決断でした。高畑さんは、そういう意味では強い人ですよねえ。クオリティを保つことを優先させられる」

 今現在、宮崎監督は高畑監督のことをどう見ているのだろう。

「今は、どうなんですかねえ。でもいまだに宮さんと話していると、どんな時でも高畑さんの話になりますね」

「あとね、これはちょっと普通の人にはわからない感覚だと思うんですけど、二人きりになった時に『鈴木さんさ。パクさん(高畑監督)の元から、いろんな人が去っていったでしょう。残ったのは、俺一人だよね』って本当に嬉しそうに自慢したりするんですよ」

 宮崎駿から高畑勲への深い愛情を感じずにはいられない。

「うん、宮さんは高畑さんを愛しているんでしょうね。『ぼくの見る夢はいつもひとつしかない。パクさんが出てくるんだ』って言っていたこともある。ところが、片思いなんですよね……高畑さんていうのはひどい男ですよ(笑)」

 2013年に公開された二人の最新映画『風立ちぬ』(宮崎監督作品)と『かぐや姫の物語』(高畑監督作品)は、当初同日に別々の劇場で公開する予定だった。

 だが、高畑監督が完成を4か月遅らせてしまったことで、同日公開は叶わなかった。

「両方とも公開し終わってしばらく経った、去年の年末くらいかなあ。宮さんと高畑さんと僕、3人きりになったんです」

「でね、僕そこでこう言ったんですよ。『2本同日公開がうまくいかなかったので、ちょっと思いついたことがあるんです。高畑さんと宮さんは年齢も年齢だから、いずれこの世から去る。なので、同じ日に死んでもらえませんか? 2回お別れ会をやるのも面倒くさいので』と(笑)。こういう時の二人がおもしろいんですよね。宮さんはね、『僕はパクさんよりは長生きするよ!』って言う。で、高畑さんは笑っているだけなんですよね、にこにこと」

「高畑さんは、また勝手に次回作を考えてるみたいだけど……僕は関わらないようにしてます。(笑)」

(取材・構成/門倉紫麻)

※『手塚治虫文化賞20周年記念MOOK マンガのDNA―マンガの神様の意思を継ぐ者たち―』鈴木敏夫スペシャルインタビューより一部抜粋

関連記事(外部サイト)