菊池風磨、ソロ公演に懸ける「一瞬を大事に」 “仕返し”で中島健人登場も関係は「仕事仲間」

 ジャニーズ夏の祭典「Summer Paradise」の、菊池風磨(Sexy Zone)によるソロ公演「風 is I ?」が4日、東京都内で行われ、開催前に菊池が報道陣の前で意気込みを語った。

 菊池は「今回、僕は10年前に死んでしまった設定。小さいころの後悔や、やりたかったことがいっぱいあって、それをかなえるために1日だけこの世に戻ってくる」と公演の世界観を説明し、ビシっと決めた衣装については「せっかくこの世に戻ってきたので正装しないと」と語り、笑わせた。

 “亡くなった”12歳の菊池は「基本はドッジボールしかしていなかった。小さい時って大人が憧れだったので、大人がしていることは全部したい」と振り返り、「僕とSixTONESの計7人で実際にドライブに行って、役づくりを含めて自分たちで映像を撮ってきました。僕がカメラマンで、雑なカメラワークが見られます」とアピールした。

 タイトルには「自分を見詰め直す意味を込めた」と思いを語り、「今をどう生きるか。どれだけ後悔なく生きるか。本当は(時間や人生を)取り戻すことはできないわけだから、皆に再認識してもらって一瞬を大事にしていこうっていうことです」と呼び掛けた。

 一方、カメラマンとして張り切りすぎたのか「すでに後悔しているのが、海に行った時に若干日焼けしたんですよ。めちゃくちゃ日焼け止めは塗ったんだけど、皮がむけるの嫌じゃないですか」と早くも後悔をにじませつつ、「でも毎年、去年のことを懐かしく感じる季節が夏。それも今年の夏かなと思いますけど」と前向きに語った。

 また、公演中のMCではメンバーの中島健人が登場する演出も。菊池が中島のソロ公演を見に行った際のMC中に呼ばれたといい、私服姿でステージに立つとファンが大喜びだったという。自身のソロ公演では「仕返ししてやろうかなと思って」と冗談めかし、中島はどんな存在かとの問いには「仕事仲間ですかね」とクールな回答で笑わせた。

関連記事(外部サイト)