高畑充希、有馬記念の枠順抽選会で“大役” 「普段の仕事とは違う緊張があります!」

高畑充希、有馬記念の枠順抽選会で“大役” 「普段の仕事とは違う緊張があります!」

(左から)キタサンブラックに騎乗予定の武豊騎手、高畑充希、柳楽優弥

 「2017 有馬記念フェスティバル〜公開枠順抽選会〜」が21日、東京都内で行われ、JRA年間プロモーションキャラクターを務める女優の高畑充希と俳優の柳楽優弥が出席した。

 大勢の関係者や招待客が見守る中、柳楽が「いや〜、すごい緊張感です」と背筋を伸ばすと、高畑も「お邪魔します…。普段の仕事とは違う緊張があって、さっきからドキドキしていますが、ちゃんと(抽選)ポットを開けられるように頑張ります」と意気込んだ。

 2人は、抽選ポットから馬名ボールを選び、馬番を選択する騎手(調教師)を決める係を担当。その後、抽選で選ばれた騎手(調教師)が登壇し、もう一つの抽選ポットから馬番ボールを選択、騎手(調教師)自らボールを開封し、有馬記念の枠順が決定するという流れで行われた。高畑が初めに引き当てた馬名は「サウンズオブアース」。呼び出されたクリスチャン・デムーロ騎手が馬番を決定するボールを引くと、大外の「16番」に決まった。「1から5番あたりを引きたい」と宣言していたデムーロ騎手は、ややがっかりした表情。これを見た高畑は、責任を感じたのか「ちょっと申し訳ない…」と苦笑していた。

 全ての抽選が終わると、決定した枠順通りに騎手がズラリと整列。その光景に高畑は「スーツ姿が新鮮でかっこいいです。皆さん、引き締まっていらっしゃるのでお似合いですね」とほれぼれした様子。終了後には改めて「出走する競走馬の関係者の方々の、1つのレースに懸ける思いがひしひしと伝わってきました。私が引いたボールによって運命が変わるかと思うと、とても緊張しました。有馬記念はオトナのお祭り! 2017年の年の瀬を熱いレースで締めくくれますように!」とメッセージを送った。

 一方の柳楽は「今年一年、競馬に関わらせていただき、競馬の楽しみや醍醐味(だいごみ)が少しずつ分かってきた気がします。今週末の有馬記念、僕も今から楽しみでなりません。皆さん、ぜひ注目してください!」とアピールした。

 「第62回有馬記念」は12月24日、中山競馬場で開催。

関連記事(外部サイト)