菅田将暉、“オーバーワーク”指摘され苦笑 「日刊スポーツ映画大賞」で主演男優賞を受賞

菅田将暉、“オーバーワーク”指摘され苦笑 「日刊スポーツ映画大賞」で主演男優賞を受賞

 「日刊スポーツ映画大賞」で主演男優賞に輝いた菅田将暉

 「第30回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞」授賞式が28日、東京都内で行われ、主演男優賞を受賞した菅田将暉、主演女優賞を受賞した蒼井優をはじめ、各賞に輝いた役所広司、尾野真千子、浜辺美波ほかが登壇した。

 菅田は、映画『キセキ −あの日のソビト−』『帝一の國(くに)』『あゝ、荒野』『火花』など4作品の演技で主演男優賞を受賞。今年は芝居以外にも、CDデビュー、生放送のラジオパーソナリティーなどの新しいことにも挑んだ年で、表彰状には「明らかなオーバーワーク」との記述も。これに菅田は「びっくり…」と苦笑しながらも、「確かに疲れた一年でした。でも僕まだ24歳で元気なので、体は大丈夫です。こうして頭と心と体をたくさん使った結果、主演男優賞というとても大きな賞を頂けて、とてもいい年になりました」と語り、観客の拍手を浴びた。

 今年、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」にも出演した菅田は、「仕事が重複しているときの切り替え法は?」と聞かれると、「どうやってたんですかね。僕もよくわかりません」と率直にコメント。続けて「あまりいいもんではないですね。もちろんその瞬間、瞬間、一生懸命(それぞれの)作品に向き合っているつもりでも、どこか準備が足りなかったんじゃないかと思う部分があったり、各先輩俳優方にも怒られたりもしたので、オーバーワークは控えたいです」と反省の弁を述べていた。

 前年に同賞を受賞した佐藤浩市が表彰盾を、『あゝ、荒野』で菅田と共演した木下あかりが花束を贈呈。佐藤が「現在24歳。今走らなかったらいつ走るんだと、ご自身が分かっているから、覚悟を決めているんだと思う」とおもんぱかると、木下も「前からこの人は天才なんだと思っていたけれど、共演してみると、天才という言葉で片付けてはいけない、努力の塊の人だと感じました」と菅田の人柄をたたえた。

 各賞の受賞者、作品は次の通り。

作品賞:「あゝ、荒野」(岸善幸監督)

監督賞:石井裕也「夜空はいつでも最高密度の青色だ」

主演男優賞:菅田将暉「あゝ、荒野」「キセキ −あの日のソビト−」「帝一の國(くに)」「火花」

主演女優賞:蒼井優「彼女がその名を知らない鳥たち」「アズミ・ハルコは行方不明」

助演男優賞:役所広司「三度目の殺人」「関ヶ原」

助演女優賞:尾野真千子「ナミヤ雑貨店の奇蹟(きせき)」

新人賞:浜辺美波「君の膵臓(すいぞう)をたべたい」「亜人」

外国作品賞:「ダンケルク」(クリストファー・ノーラン監督)

石原裕次郎賞:「アウトレイジ 最終章」(北野武監督)

石原裕次郎新人賞:竹内涼真「帝一の國(くに)」