浜辺美波「あの時、ダマされて良かった」 「日刊スポーツ映画大賞」で新人賞に輝く

浜辺美波「あの時、ダマされて良かった」 「日刊スポーツ映画大賞」で新人賞に輝く

(左から)有村架純、浜辺美波、『君の膵臓をたべたい』の月川翔監督

 「第30回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞」授賞式が28日、東京都内で行われ、新人賞を受賞した浜辺美波、主演女優賞を受賞した蒼井優、主演男優賞を受賞した菅田将暉をはじめ、各賞に輝いた役所広司、尾野真千子、北野武ほかが登壇した。

 浜辺は、映画『君の膵臓(すいぞう)をたべたい』『亜人』での演技を認められ、新人賞を受賞。「ありがとうございます。私は小学校4年の後半からこのお仕事を始めて、3年目に出会ったマネジャーさんに『ダマされたと思って付いて来い』と言われ、ここに立つことができ、こんなにすてきな賞を頂き、本当にあの時ダマされて良かったなと思います」とちゃめっ気たっぷりにスピーチした。

 新人賞という“人生一度きり”の賞に「すごく重たいです」と照れ笑いを浮かべると、「これからも精一杯、前向きに頑張っていきたいです」とさらなる飛躍を誓った。

 昨年、同賞を受賞した有村架純がプレゼンターとして登場。浜辺の出演作を見たそうで「とにかく透明感がすごい。とても存在感があるのに、幻のような、とても魅力のある女優さんだなと思いました」とその印象を語った。

 一方、石原裕次郎新人賞を受賞した竹内涼真は、インフルエンザのため授賞式を欠席。関係者が読み上げた手紙の中で、竹内は、「インフルエンザのため出席できず、僕自身、とても悔しいです。改めまして、今回、石原裕次郎新人賞という歴史ある、由緒ある賞を頂けたこと、大変光栄に思います」と喜びのコメント。続けて「見てくださった方が元気になってくれたり、楽しんでくれたら、こんなにすてきなことはないと思ってこの世界に入りました。これからも初心を忘れず、周囲の方々を大切にして、自分らしく表現して精進していきたいと思います」と気持ちを新たにしていた。

関連記事(外部サイト)