吉田羊、永山絢斗との“距離”縮まる? 呼び名が「吉田さん」から「羊さん」に

吉田羊、永山絢斗、滝藤賢一、光石研、三浦友和らが『コールドケース2』試写会に登場

記事まとめ

  • 『コールドケース2』試写会に吉田羊、永山絢斗、滝藤賢一、光石研、三浦友和らが登壇
  • 本作は、未解決の凶悪事件(コールドケース)に挑む捜査チームを描いた人気ドラマの続編
  • 永山は今作から吉田を"羊さん"と呼ぶようになったことを問われ、照れ笑いを浮かべた

吉田羊、永山絢斗との“距離”縮まる? 呼び名が「吉田さん」から「羊さん」に

吉田羊、永山絢斗との“距離”縮まる? 呼び名が「吉田さん」から「羊さん」に

吉田羊(左)と永山絢斗

 WOWOW「連続ドラマW コールドケース2 〜真実の扉〜」の4K・HDR完成披露試写会が27日、東京都内で行われ、出演者の吉田羊永山絢斗滝藤賢一、光石研、三浦友和と波多野貴文監督が出席した。

 本作は、神奈川県警捜査1課の刑事、石川百合(吉田)を中心に、未解決の凶悪事件(コールドケース)に挑む捜査チームの活躍を描いた人気ドラマの続編。

 待望のシーズン2に、吉田は「私にとって『コールドケース』はホームのような存在です」としみじみ。「石川百合は、どこから自分でどこから百合なのかわからないぐらい、リンクしながら演じられる貴重な役。多くを語らずとも通じ会える共演者の皆さんと、いい意味で妥協を知らない職人のようなスタッフの皆さん。いい条件のそろった現場というのは、役者としてもそうそう出会えるものではない。私のライフワークとして、この先も何年も続けさせていただきたい作品です」と言葉に力を込めた。

 百合の相棒役を演じる永山は、今シーズンから吉田のことを急に「羊さん」と呼ぶようになったことについて司会者から理由を尋ねられ、「そんなに意識して変えたつもりはないのですが。台本でも2人の距離が縮まっているので、それが原因かもしれない」と照れ笑いを浮かべた。

 吉田も「最初に『羊さん』と呼ばれた時は『あっ』と思いました。シーズン1のときに絢斗くんがどのタイミングで私を『羊さん』と呼んでくるのかなと思っていたら、最終回まで呼んでくれなかったので」と振り返り、「今回はクランクインする前に飲み会を開いたから? やっぱり“飲みニケーション”は大事ですね」と笑っていた。

 一方の三浦は「僕は名前で呼んだことがない。(どう呼ぶか)困っている。『羊ちゃん』じゃ幼いし、僕の中では『羊さん』という感じでもないので…」と迷いを吐露。普段は「ねぇ」などと話し掛けているそうで「まるで仲の悪い夫婦みたいだな」と苦笑しながら「シーズン3で決めようかな」と語っていた。

 ドラマは10月13日からWOWOWプライムで毎週土曜午後10時に放送。全10話(第1話無料)。

関連記事(外部サイト)