麒麟が“100万円分のポイント”を獲得 川島「人生でこんな不労所得は初めて」

ポイントを集めるモバイル向け新サービス「mspo」発表会見に麒麟・パンサーら登場

記事まとめ

  • ポイントを集めるモバイル向け新サービス「mspo」発表会見が28日、都内で行われた
  • 会見にはお笑い芸人の麒麟、横澤夏子、和牛、パンサーらが登場、ゲーム対決をした
  • 麒麟が対決を制し、100万円分のポイントを獲得 川島は「こんな不労所得は初めて」

麒麟が“100万円分のポイント”を獲得 川島「人生でこんな不労所得は初めて」

麒麟が“100万円分のポイント”を獲得 川島「人生でこんな不労所得は初めて」

 ゲーム対決で会場を盛り上げた面々

 モバイル向け新サービス「mspo(エムスポ)」発表会見が28日、東京都内で行われ、お笑い芸人の麒麟(川島明、田村裕)、横澤夏子和牛(水田信二、川西賢志郎)、パンサー(尾形貴弘、菅良太郎、向井慧)ほかが登場した。

 「mspo」は、既存のゲームアプリに、自動でトーナメントを生成し、モバイルゲームでためたポイントを、Amazonのギフト券などに交換できる新サービス。

 登壇者は優勝賞品「100万円分のポイント」を懸けた「mspo−1グランプリ」を開催。キリンや牛などの動物を積み上げて競うゲーム「どうぶつタワーバトル」のトーナメント対決を行い、会場を盛り上げた。

 決勝戦は横澤と麒麟の対決となったが、横澤が積み上げた動物が崩れ落ち、麒麟が勝者となった。

 「100万円分のポイント」を贈呈された川島は「人生でこんな不労所得は初めてです」と語り、田村も「マジでうれしい。今月給料が本当に少ないので、嫁が喜ぶ顔が浮かびます」と大喜びの様子だった。

 ポイントの使い道については、田村が「Amazonで炭酸水を買います。家族でAmazonを使ってるので、めっちゃ助かります。今後もポイントをためて嫁に還元していきたい」と決意のコメントを。川島も「僕も家族がいるので、家族とかお母さんのために使いたいです」と話した。

 「このゲームを薦めたい人は?」と聞かれると、横澤は「旦那さんといっぱいやりたいです。一緒に(動物を)積み上げて、家庭の方も築き上げていきたいです」と幸せそうに答えた。