「今だからこそ“朝ドラヒロイン”ができる」母になり満ちあふれるエネルギー 安藤サクラ(今井福子)【「まんぷく」インタビュー】

安藤サクラ「まんぷく」で朝ドラ史上初子育て中のヒロインに 角替和枝の言葉が後押し

記事まとめ

  • 安藤サクラは、インスタントラーメンを生んだ夫婦の物語を描いた「まんぷく」に主演
  • 安藤は柄本佑との間に第1子をもうけ、史上初子育て中で朝ドラヒロインを演じる
  • 3人の子どもを育て女優を続ける義母 (角替和枝)の言葉に後押しされ同役を引き受けた

「今だからこそ“朝ドラヒロイン”ができる」母になり満ちあふれるエネルギー 安藤サクラ(今井福子)【「まんぷく」インタビュー】

「今だからこそ“朝ドラヒロイン”ができる」母になり満ちあふれるエネルギー 安藤サクラ(今井福子)【「まんぷく」インタビュー】

今井福子役の安藤サクラ

 インスタントラーメンを生み出した夫婦の知られざる物語を描いた本作で、ヒロイン福子役を演じる安藤サクラ。インタビュー中、何度も「幸せ」と笑みをこぼす安藤だが、当初はオファーを受ける可能性はゼロだった…。母として、妻としての葛藤を乗り越え、史上初の子育て中のヒロインとして撮影に挑む、その胸中を聞いた。

−昨年6月に俳優で夫の柄本佑さんとの間に第1子をもうけた安藤さんですが、子育て中の女優がヒロイン役を演じることは異例です。オファーをもらったときの率直な気持ちは?

 子どもを産んだら、私は子育てに専念して、妻としても家庭に入るべきだろうな…と思っていたので、このタイミングでのオファーは受けられるわけがないので悔しかったです。可能性はゼロでした。だから、「子どもがいなければやっていたのに…」というネガティブな考えではなく、どうポジティブな出来事として切り替えられるかを考えていましたが、それが難しくてつらかったです。

−そんな中、家族の後押しがあったのですね。

 3人の子どもを育て、女優を続ける義理の母(角替和枝)の「これをやらないなら事務所も辞めちゃいな」という言葉が覚悟する決め手の一つになりました。父(奥田瑛二)からは「これは挑戦じゃない。冒険だ」と言われました。最初は、一人で、いばらの道や登りにくい山を進むんだ、と捉えていましたが、今は「まんぷく」のみんなで手をつないで冒険しているようで幸せです。背中を押してくれた家族みんなに感謝しています。

−過去に何度もヒロインオーディションに挑戦していたようですが、その理由とは?

 朝ドラのイメージは「日本の隅々まで届けられる作品」。映画などの撮影で山奥に行くと、現地の人たちにお世話になりますが、その映画をその地域に届けられないことが多くて、はがゆくて、いつか朝ドラに出たら恩返しができるんじゃないか…とずっと思っていました。

−念願がかなっての本作ですが、脚本を読んだときの感想は?

 漫画の新刊でもこんなにワクワクしながら待ったことはないです。新しい台本が届くのが楽しみで、本当に楽しいし、驚かされるし、ゲラゲラ笑ってしまいます。ただ、この面白さを自分が表現できるのか…とプレッシャーになることもあります(笑)。

−福子はどういうキャラクターですか。

 いい意味で楽天家で、大変な出来事もよりパワフルに、健やかに、楽しく、いい力に変えられる女性です。私自身、福ちゃんのせりふや行動にすごく助けられています。

−福子は安藤さんに似ている気もしますが。

 私も同じ時間を過ごすなら、よりよいハッピーな時間を過ごしたいと思っていますが、福ちゃんを演じることで、自然と体も心も“福”に近づいている気がします。似ているというより、つらい時間も状況も、幸せなものに変換していく力を共有している感じです。

−演じる上で心掛けていることはありますか。

 今までにもこういう軽やかな役はありましたが、ひねくれた役が多いので、今回は福ちゃんとして、真っすぐに立って前を見る肉体を持たなければいけないと思いました。私も人としていい生き物に生まれ変われる気がしています。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)