高橋一生「唇がぶっ壊れていった」 激辛好きの川口春奈にクレーム

高橋一生が川口春奈にクレーム 唇が荒れていた高橋に川口は辛いものをお願いし苦笑い

記事まとめ

  • 映画『九月の恋と出会うまで』の公開記念舞台あいさつに高橋一生、川口春奈が登壇した
  • 高橋は唇が荒れていたそうだが、川口は辛いものを宣伝側にお願いしていたそう
  • 高橋は「唇がぶっ壊れていった」と川口に対するクレームを苦笑い交じりに明かした

高橋一生「唇がぶっ壊れていった」 激辛好きの川口春奈にクレーム

高橋一生「唇がぶっ壊れていった」 激辛好きの川口春奈にクレーム

川口春奈(左)と高橋一生

 映画『九月の恋と出会うまで』の公開記念舞台あいさつが2日、東京都内で行われ、出演者の高橋一生川口春奈と山本透監督が登壇した。

 松尾由美氏の同名小説を映画化した本作は、時空を超えるいちずな思いと、切ないうそに涙する、大人のラブストーリー。

 川口は「撮影がちょうど1年前。1年間はあっという間でしたが、やっと皆さんに見ていただけるのがうれしいです」と晴れやかにあいさつした。

 高橋は、映画を見た人から「また恋がしたいと思った」などのメッセージが山本監督に届いていることを明かし、「人が誰かを思う、恋をするというのは勇気がいること。この映画でその後押しができたのならこんなにうれしいことはない」と笑顔を見せた。

 撮影後もプロモーション活動などで共に時間を過ごしてきた高橋と川口。この日で一区切りとなるが、「最後に川口に伝えたいこと」を尋ねられた高橋は「今生の別れみたいになっていますが、きっと仕事をやっていく以上はまたご一緒することがあるでしょう。そのときは、ぜひまた、全く違った役や境遇でお芝居ができたら」と答えた。

 続けて、川口に対する“ちょっとしたクレーム”も。「プロモーションの最中に、なぜか僕の唇がものすごく荒れちゃって。それにもかかわらず、毎回毎回川口さんが『私の好きなもの』と言って、辛いものを(宣伝側に)お願いするので、そのたびに唇がぶっ壊れていった。それがきつかったです」と苦笑交じりに明かして笑わせた。

 それを聞いて、いたずらっぽいほほ笑みを浮かべた川口は、改めて高橋に「宣伝活動も含めて本当に感謝しています。一生さんがいなかったら(できなかった)と思う。くだらない話も聞いてくださって、大人の余裕で私を包み込んでくださった。またご一緒できるように私も頑張ります」と思いを伝えた。

関連記事(外部サイト)