高橋一生「普段は泣かない」 芝居している時だけ“感情表現豊か”

高橋一生「普段は泣かない」 芝居している時だけ“感情表現豊か”

高橋一生(左)と川口春奈

 映画『九月の恋と出会うまで』公開後舞台あいさつが12日、東京都内で行われ、出演者の高橋一生、川口春奈が出席した。

 本作は、時空を超えるいちずな思いと切ないうそに涙する、大人のラブストーリー。2人は、間近に迫ったホワイトデーにちなみ、サプライズで観客に“白いバラ”を手渡ししながら登場。高橋は、一人でも多くのファンと触れ合おうと、求められる握手に丁寧に応じながら会場をゆっくりと移動する“神対応”を見せた。

 スタッフに促され、ようやく壇上に上がった高橋に対し、ずっと早くに到着していた川口が「一生さんが丁寧過ぎて、私が雑(な対応)だったみたいに映っていませんかね?」と苦笑。高橋は「申し訳ない。お待たせしました。次から次に(スタッフから追加で)バラを頂けちゃうので」と頭をかいた。

 劇中では泣くシーンもあった高橋。観客から「涙は自然と流れるものなのか? それとも意識して演じるものなのか」という質問を受けると「僕はあんまり“泣くぞ”という感じではないですね。“泣かなきゃ”と思うと泣けなくなっちゃうので…」と回答。さらに「普段僕、泣かないんですよ。お芝居の時だけ結構(感情表現が)豊かになっているかもしれないです」と自己分析した。

 同じ質問に川口は「この映画に関してはすごく自然に涙がこぼれました。本を読んだ段階からグッとくるものがありましたね」と振り返っていた。

 最後に高橋は、「きょうは、かなり近い距離で皆さんの反応を見ることができたのが収穫でした。僕がさせてもらったお芝居が一人ひとりの心に残っていることが、これからの僕の原動力になるんだと改めて思いました」と笑顔で感謝の思いを伝えた。