【インタビュー】「逃亡料理人ワタナベ」池内博之、「世界で活躍したい」追い続けるモデル時代からの夢…

【インタビュー】「逃亡料理人ワタナベ」池内博之、「世界で活躍したい」追い続けるモデル時代からの夢…

池内博之(ヘアメイク:上地可紗/ARISA UEJI、スタイリスト:荒木大輔/DAISUKE ARAKI)

 日中合作のグルメコメディードラマ「逃亡料理人ワタナベ」に主演する池内博之。近年は邦画にとどまらず、中国映画にも名を連ねるようになり、活躍の舞台が日本からアジアへと広がったが、彼が目指している場所はどこなのだろうか…?久しぶりのコメディー作品に臨んだ喜びの声とともに聞いた。

 台湾一有名なモデルと称されるリン・チーリンとダブル主演した日中合作映画『スイートハート・チョコレート』(13)を皮切りに、ジャッキー・チェン主演の中国映画『レイルロード・タイガー』(16)、名匠ジョン・ウーが手がけた香港・中国合作映画『マンハント』(17)などにも出演している池内。中国マーケットに目を向ける芸能人も多いことから、彼もアジア進出を狙っているのかと思いきや、見すえる場所は世界だ。

 21歳でテレビドラマ「告白」(97)で俳優デビューする以前にモデル活動をしていた池内は、香港在住の友人を頼って海を渡り、それをきっかけに世界に飛び立つことを望んだそうで、「パリコレとかニューヨークの有名なショーなどに出て、世界で活躍したい思いが強かった」と回顧する。

 しかし、厳しいファッション業界でその夢はかなわなかった。だからこそ、「役者を始めた頃から、いつか海外でも通用する役者になりたいと思い続けていました」と吐露。現在、数々の海外作品のオーディションに参加しており、「アジア作品が多いのはたまたまで、特にこだわっているわけではないです。ハリウッドにも行きたいです」と目を輝かせる。

 すでにその足場は作り出したように感じるが、「全然…。やっぱり語学力は必要ですよね。以前、撮影のために中国語を勉強しましたが、日常会話程度しか話せないし、英語も完璧ではないです」と言葉の壁にぶち当たっていることを告白。

 とはいえ、確実に成長はしており、ある映画の撮影で中国語を勉強していることを知った監督から、本来はなかった中国語のせりふを与えられたことを明かし、「言葉の意味を理解して、感情も乗せなければいけないから外国語のせりふは難しいけど、そのときはやれたな!と手応えを感じました」と充実した表情を見せた。

 さらに、「挫折することもあるけど、そういうのが次の作品に向かうバネになるし、必ずどこかで誰かが見てくれていると信じて、役の大きさに関係なく、一つ一つの作品に取り組んでいます」と昔から変わらない信念と、「海外作品に挑戦することも含めて、年齢を重ねることで攻めの姿勢に傾いているかもしれません」と自身の中での変化を語った。

 そして、世界レベルの俳優や監督とタッグを組み、刺激をもらいながら芝居に没頭した日々を振り返り、「不安になることもあるけど、いいパフォーマンスをして、監督やファンの方が喜んでくれると、やってよかったなとうれしくなります」と笑みもこぼした。

 そんな池内が主演する本作は、妻殺しの容疑をかけられた天才料理人・亘鍋(池内)が、グルメ好きの刑事・出口(岸谷五朗)に追われて日本各地を逃げ回る中、おいしい食材と人生に迷う人々と出会い、つい料理人の腕を発揮してしまうというコメディードラマ。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)