永瀬廉、ファンが引くカレーの食べ方紹介 「やった方がいい。逆においしい!」

永瀬廉、映画『うちの執事が言うことには』舞台挨拶で"カレーの食べ方"を紹介

記事まとめ

  • 永瀬廉が30日、都内で映画『うちの執事が言うことには』御礼舞台挨拶に登壇した
  • 同イベントには、King&Prince神宮寺勇太、清原翔と久万真路監督らも出席した
  • 永瀬が独特なカレーの食べ方を紹介、ファンがざわつくと「引いてるやん」と苦笑

永瀬廉、ファンが引くカレーの食べ方紹介 「やった方がいい。逆においしい!」

永瀬廉、ファンが引くカレーの食べ方紹介 「やった方がいい。逆においしい!」

映画に主演した永瀬廉

 映画『うちの執事が言うことには』御礼舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、出演者でKing & Princeの永瀬廉神宮寺勇太、清原翔と久万真路監督が登壇した。

 映画にパンケーキを重ねて食べるシーンが登場することから「自己流で食べてしまうもの」を尋ねられた永瀬。「言いたくないなあ…。僕、白ごはん好きなので、カレーライスを頼む時は、先にルーだけ全部食べます。ルーだけ先に食べると、皿の端っこにルーがちょこっと付く。それにご飯をいっぱいスプーンにすくって付けて、食べるのが好き」と、こだわりの食べ方を紹介した。

 ファンがざわつくと、永瀬は「引いてるやん!」と苦笑しながら、「これはやった方がいいですよ。逆においしい。白米が好きなので(ルーは)ちょっとのアクセントでいい」と力説した。

 一方、神宮寺は「僕は右利きなんですが、ご飯を食べる時に、すごく左手を握りしめていることに最近気付いたんです」と告白。「ご飯食べ終わったあと、いつも(左手に)力が入らないなと思っていたら、最近解決しました。本気なんです。食に対する向き合い方がしっかりしているんだと思います」と自画自賛した。永瀬が「仮に左手に生卵を持ってご飯を食べたらつぶれるよね?」と尋ねると、「もちろん!」と胸を張った。

 最後に、本作で映画初主演を果たした永瀬は、「この映画を経て、俳優としてすごい経験値を得ることができました。この経験を僕の活動に生かし、それこそ続編を皆さんに届けられるような男になってまた帰ってきたいと思います」と言葉に力を込めていた。

関連記事(外部サイト)