吉沢悠「大杉漣さんのようにビッグウェーブを」 竹中直人「めちゃくちゃ香里奈がかわいかった」

吉沢悠「大杉漣さんのようにビッグウェーブを」 竹中直人「めちゃくちゃ香里奈がかわいかった」

(前列左から)喜多一郎監督、香里奈、吉沢悠、馬場ふみか、竹中直人(後列左から)森高愛、立石ケン、松原奈佑、南美沙

 映画『ライフ・オン・ザ・ロングボード 2nd Wave』初日舞台あいさつが31日、東京都内で行われ、出演者の吉沢悠、馬場ふみか、香里奈、立石ケン、竹中直人ほかが登場した。

 故・大杉漣さんが主演した映画『ライフ・オン・ザ・ロングボード』の続編となる本作は、種子島を舞台に、夢に挑戦することから逃げ出した一人の男・光太郎がサーフィンを通じて人生の輝きを取り戻していく物語。

 光太郎を演じた吉沢は「僕は撮影が終わってからもサーフィンを続けていて、千葉や湘南の海で『楽しみにしているよ』っていう声を頂いていたので、今日はうれしいです」と公開の喜びを語った。

 また「パート1は大杉漣さんが主役をやられていて、中高年の方が映画を見て、またサーフィンをやってみたいなというムーブメントが起こりました。『2nd Wave』もビッグウェーブを起こしたいので、応援よろしくお願いします」とアピールした。

 サーファーたちが集うカフェを営む沙織を演じた香里奈は「私はみんなを温かく見守ったり、背中をそっと押してあげるような役だったので、そういう気持ちを大事にして演じました」と笑顔で話した。

 撮影時の思い出を聞かれた竹中は「とにかく香里奈がめちゃくちゃかわいくてね」と語って笑いを誘い、続けて「吉沢くんともまた共演したいと思う。相変わらずいいね、吉沢くんは。(共演が)久しぶりだからうれしかったよ」と語った。

関連記事(外部サイト)