河森正治「マクロスのミンメイは、横浜に引っ越した経験から生まれた」 デビュー40周年記念展で創作の原点を語る

河森正治「マクロスのミンメイは、横浜に引っ越した経験から生まれた」 デビュー40周年記念展で創作の原点を語る

左上の「無限パンチ」を解説する河森正治氏

 河森正治プロデビュー40周年記念展「河森正治EXPO」のプレス内覧会が31日、東京都内で行われ、河森氏本人ほかが登場した。

 同展は、アニメ監督・メカニックデザイナーとして、「マクロス」「アクエリオン」「アーマード・コア」シリーズ、『イーハトーブ幻想〜KENjIの春』、エンターテインメントロボット「AIBO」などを手掛けてきた河森氏の、40年にわたる創作の軌跡を追うもの。

 まず、河森氏は同展について、「アニメやゲームなど、集団創作としての作品が多いので、個人展というよりも万博、EXPOとしました。創作メモなど、自分が物を作るプロセスそのものを展示し、いろんな作品の世界が一同に介しています」と紹介した。

 頭上で目を引く「無限パンチ」の展示については、「(アクエリオンに登場する)無限パンチを再現しようとしたら、『予算がいくらかかると思ってるんですか!』と言われたので、予算削減のため、プラモデルの箱で再現しました」とおちゃめに説明した。

 数多くの名作を生み出してきた河森氏だが、その裏には多くの「ボツ案」があったといい、「マクロスを作っていた頃に、(ガンダムシリーズの)富野由悠季監督と一緒に作っていた『アステロイドワン』という企画の展示もあります。もし世に出したら、アニメの歴史が変わっていたかも」と語り、苦笑いを浮かべた。

 その創作の源については、「子どもの頃から好奇心が強かったらしいです。富山の山奥で生まれ、3歳のときに横浜に引っ越した。そこで初めて見た電車にカルチャーショックを受けたのが、(マクロスシリーズの)『デカルチャー』の原点だったんでしょうね」と語る。

 さらに「日本の中心である東京に対して、世界へ視線を向ける横浜に住み、中華街にも親しんでいた。それで初代マクロスのヒロイン、リン・ミンメイを中国系にしたんです」と作品につながる自身の体験を次々に明かした。

 最後はファンに向けて、「40年仕事を続けられたのも、皆さんの応援のおかげ。これからも新鮮なデカルチャーを届けていきたいと思います。ぜひ(展示会を)見に来てください」と呼び掛けた。

 展覧会は31日〜6月23日、都内・東京ドームシティ ギャラリーアーモで開催。