有村架純「ひよっこ」脚本家・岡田惠和は「恩師」 「自分を超える作品をプレゼントしてくださる」

有村架純「ひよっこ」脚本家・岡田惠和は「恩師」 「自分を超える作品をプレゼントしてくださる」

主演の有村架純

 WOWOW「連続ドラマW そして、生きる」の完成披露試写会が18日、東京都内で行われ、出演者の有村架純、坂口健太郎、知英、岡山天音、月川翔監督が登壇した。

 本作は、人間ドラマの名手・岡田惠和氏がつむぐヒューマンラブストーリー。2011年の東日本大震災のボランティア活動中に出会った瞳子(有村)と清隆(坂口)。過酷な運命の下で強く美しく生きる2人と、彼らと巡り合う人々の人生が感動的に描かれる。

 数々の作品でタッグを組む岡田氏から「同志」と思われていることをMCから伝えられた有村は「『同志ですよね!』とは、とても言えないです」と苦笑いしながらも、「映画デビュー作『阪急電車』からずっと見守ってくださり、自分を超える作品をプレゼントしてくださる方で、(NHK連続テレビ小説)『ひよっこ』で1年間一緒に戦わせていただいた方で、言葉一つでまとめられないですが“恩師”のような存在です」と思いを口にした。

 そんな岡田氏から与えられた瞳子役は、「男前な性格だけど、きちんと傷つくところは傷つく、とても人間らしい、これまで演じたことのない女性」だという。

 有村は「彼女を生きるには自分のキャパを超えなければいけなかった」とも語ると、月川監督は「キャパを超えることが役を生きることで、根っこから湧き出てくるようなすごいものを見せてもらった」と有村らキャスト陣を称賛した。

 撮影の過程については、「作り込み過ぎない生っぽい芝居」を狙い、「テストで固めず、すぐに本番にいかせてもらいました。何回も繰り返せるお芝居ではなく、二度と同じことができない本気のお芝居を見せてくださいと要望しました」と明かした。

 タイトルにちなみ、「生きていると実感する時」を質問される場面もあり、坂口は「疲労困憊(こんぱい)な時。ギリギリだな…という時に力を出し切っていると(生きていると)感じる」とコメントした。

 3話からの登場のため、1話のみ上映の同イベントに「謎のアウェー感を感じる」とタジタジだった岡山は「今、緊張して、生きているなぁと実感中です」と話し、会場の笑いを誘った。

 ドラマはWOWOWプライムで8月4日から全6話で放送

関連記事(外部サイト)