平野紫耀、橋本環奈の指キスに驚く 「ビビるぐらい痛かった。スタンガンみたい」

平野紫耀、橋本環奈の指キスに驚く 「ビビるぐらい痛かった。スタンガンみたい」

指キスのシーンを振り返った平野紫耀

 映画『かぐや様は告らせたい−天才たちの恋愛頭脳戦−』大ヒット御礼舞台あいさつが12日、東京都内で行われ、出演者の平野紫耀(King & Prince)と橋本環奈が登壇した。

 本作は、互いに引かれ合いながらも「告白したら負け」と思い込み、駆け引きを繰り広げる男女の姿を描いた学園ラブコメディー。

 予告には、橋本が平野の唇に人差し指を当てる「指キス」シーンが登場するが、実は同シーンの撮影時には、静電気によるハプニングがあったそう。

 「ビビるぐらい痛かったです」と苦笑した平野は、橋本について「電力が強いんですよ。本当にスタンガンみたいな」とクレームを。橋本は「本当にびっくりしました。多分(平野くんが)電気を受けやすいタイプ。私だけのせいじゃないと思います」と応戦した。

 さらにハプニングは「1回だけではなく3回ほど続いた」という。橋本が「霧吹きをかけてもらって、指を湿らせたり…」と地道な努力を明かすと、平野も自分なりに行っていた秘策を告白した。

 「窓の黒い縁のところが鉄だったので、そこを触って実は僕もちょっと放電していました。だからお互いの努力が実ったシーンが指キスのシーンなんです」と、笑わせた。

 また作品にちなんで「何の天才になりたいか?」と聞かれた橋本は「多分私、天才になっちゃったら、いろいろ努力を怠ると思うので、普通のままの方が…」と悩みながらも、最終的には「ずっと元気な人。超健康体。死ぬまで病気にかからない。それでいいです」と答えた。

 一方、平野は「僕マジの天才になりたいです」と珍回答を。橋本から「その心は?」と突っ込まれると「便利だから。(オール)マイティーの天才になりたい。『あいつ、なんでもできるな』みたいな。裁縫もできるし、虫にも詳しい。全てのジャンル、“すべジャン”で1位になりたい」と、天然コメントで笑わせた。

関連記事(外部サイト)