キンプリ、Xmasケーキを初プロデュース 平野紫耀、思い出のプレゼントは「変身ベルト」

キンプリ、Xmasケーキを初プロデュース 平野紫耀、思い出のプレゼントは「変身ベルト」

(左から)高橋海人、岸優太、平野紫耀、永瀬廉、神宮寺勇太

 「セブン−イレブン 2019年クリスマスケーキ 商品発表会」が19日、東京都内で行われ、アイドルグループのKing & Prince(平野紫耀、永瀬廉、高橋海人、岸優太、神宮寺勇太)が出席した。

 メンバーが初めてプロデュースしたクリスマスケーキ「苺のかまくらショートケーキ」「イタリア栗の濃厚モンブラン」がお披露目され、平野は「ケーキ界の王様と王子様、King & Princeを目指しました」と、高らかに宣言。その後、早速イチゴのショートケーキを試食し、「“おいしい”が第一にボーンって出てくる。小さい子から、大人のすごい方まで楽しんでいただけるものになっています」と“平野節”で太鼓判を押した。

 モンブランを試食した岸も「栗も味がリアル過ぎて360度、栗を感じられます。栗好きにはたまらない。栗の香りが全身に染み渡ります」と、栗を猛アピールして笑わせた。

 またメンバーそれぞれが「クリスマスの思い出」を披露。「変身ベルト」に憧れがあったという平野は、「弟と5年ぐらい連続で変身ベルトをサンタさんにお願いしてました。シーズンごとにライダーが変わるので、僕たちもそれに合わせて追い掛けていた。翌日戦って壊れることも。そのたびに親に修理に出していました」と振り返った。

 神宮寺はサンタさんに「茶色のトイプードルが欲しい」と手紙でリクエストした過去を告白。「デカめの靴下を用意したけど、入っていたのはおもちゃ券5000円分。親に文句言ったらめっちゃ怒られました。いい思い出です」と、笑わせた。

 永瀬は、小学生の時に友人やその母親たちと開催した「餃子パーティー」を振り返り、「チョコとか辛子とか氷とかいろんなものを詰めて作って食べたのですが、結果、一番おいしかったのは普通の餃子でした」と苦笑した。

関連記事(外部サイト)