生田斗真×クドカンの単発ドラマに反響 「最後ゾワッとしたけど面白かった!」

生田斗真×クドカンの単発ドラマに反響 「最後ゾワッとしたけど面白かった!」

(C)Michell

 生田斗真主演、宮藤官九郎氏作の単発ドラマ「JOKE〜2022パニック配信!」(NHK総合)が10日、放送された。

 本作は、生配信されるネット番組「俺んちチャンネル」の映像をベースに、視聴者のコメントと電話の声のみで、主人公の“たった一人”の恐怖の時間を描く。

 生田演じる沢井竜一は、漫才コンビ「俺んち」のボケ担当。不祥事を起こしてレギュラー番組を降板、相方とも絶縁し、自ら“STAY HOME”を選択していた。沢井は、AIロボットを相方にして大喜利番組をネット配信し、再起を図るが、生配信中にかかってきた一本の電話が沢井の妻子を「誘拐した」と告げたことから、事態は急変する。

 ドラマのラストは衝撃の展開に。放送直後、SNS上には「最後ゾワッとしたけど、面白かった! 伏線回収がさすがクドカン」「次世代ホラー」「震えた」「このラストはちょっとしびれた」「やばい、面白かった、怖すご」「久しぶりに興奮と恐怖を味わった。鳥肌立ったよ」といった視聴者の声が上がった。

 45分間“ほぼ一人芝居”に挑戦した生田についても、「舞台を見ているみたいだった!」「一人芝居でも全然違和感なく見れる生田斗真の顔の良さと演技力」「台本全部頭ん中に入れてNGなしの斗真くん、カッコ良過ぎ」などの絶賛コメントが寄せられた。

 また、生田は6月1日に女優の清野菜名と入籍したばかりとあり、「あ、生田斗真くん、結婚おめでとう」といった祝福のコメントも見られた。

 本作は、25日に再放送が決定。SNS上には「これは繰り返し見たくなるやつ。再放送また見よーっ」と、早速楽しみにする視聴者の声も上がった。

関連記事(外部サイト)