ムロツヨシが、仲良くなれず後悔している唯一の女優は… 「踏み込めないものがあったんですかね」

ムロツヨシが、仲良くなれず後悔している唯一の女優は… 「踏み込めないものがあったんですかね」

(C)Michell

 俳優のムロツヨシが、」13日に放送されたトーク番組「おしゃれイズム」(日本テレビ系)にゲスト出演した。

 小泉孝太郎や小栗旬、戸田恵梨香、石田ゆり子など、数多くの芸能人と交流があるムロ。

 仲良くなるために「女優さんに対しても、自分からグイグイいく」というムロに対し、MCの上田晋也(くりぃむしちゅー)が「グイグイいって失敗した人はいないんですか? 全然距離が縮まらなかったとか」と尋ねた。

 ムロは「グイグイいったことは後悔しないんです。グイグイいって引かれたら、次に会ったときに、また違うグイグイがやれたらいいな、ぐらいに思うので」と回答。

 続けて「1回飲んじゃえば、何だかんだ、人って人を好きになります。いろんな人見知りさんと仲良くなっています」と話した。

 ある日から急に親しくなり、周囲から「すごい」と驚かれた芸能人については、「KinKi Kidsの堂本剛くん」と語り、「最初は『おい、KinKi Kidsだよ、剛くんだよ』ってグイグイいった」ところ、堂本は「(熱量が)ちょっと多いです…」と引いていたものの、「それを何回かやっているうちに、ガッと仲良くなっちゃいました」とエピソードを披露した。

 また、反対に「グイグイいけずに後悔している唯一の女優」がいることも明かし、ムロはその女優について「(故)樹木希林さんです。ある番組の収録で希林さんがいらっしゃって、いつもだったら『ご一緒したかったんです』っていくんですけど、何でしょう、いけなかったんです」と当時を回顧。

 上田が「オーラみたいなものがあったのかなあ」と語ると、ムロは「踏み込めないものがあったんですかね。すごく後悔しています」と渋い表情で振り返った。

関連記事(外部サイト)