「恋です!」「第3話にして神回」 “森生”杉野遥亮の熱いハグに「キュンキュン」「宇宙一尊い」

「恋です!」「第3話にして神回」 “森生”杉野遥亮の熱いハグに「キュンキュン」「宇宙一尊い」

“ユキコ”杉咲花と“森生”杉野遥亮のハグシーン (C)日本テレビ

 杉咲花が主演するドラマ「恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜」(日本テレビ系)の第3話が、20日に放送された。

 本作は、弱視の盲学校生・赤座ユキコ(杉咲)と、けんかっ早いけれど純粋なヤンキー・黒川森生(杉野遥亮)が、引かれ合っていく様子を描くラブコメディー。(※以下、ネタバレあり)

 ユキコは、森生と会っているところを姉のイズミ(奈緒)に見付かり、怒りを買ってしまう。心配性のイズミは、無職でヤンキーの森生がユキコに近付くことに猛反対する。

 そんな中、聴覚に頼ることが多いユキコには、背が高い自分の声が届きにくいことがストレスになると知った森生は、ユキコとの身長差を縮める手立てはないかと考え、ユキコに赤いハイヒールをプレゼントする。

 そして、森生の前にライバルの獅子王(鈴木伸之)が現れ、正社員として就職することを報告。獅子王に刺激を受けた森生は、自分も働くことを決意するが、ヤンキーの森生には厳しい現実が待ち受けていた。

 一方、赤座家では、ハイヒールをめぐって新たな問題が発生。森生のことが許せないイズミと、森生との出会いで新しい世界を知り始めたユキコは、互いを思うが故に激しく衝突する。

 放送終了後、SNS上には、「姉妹愛が最高」「森生がけなげでかわいくてマジで推せる」「この世の尊さを集めたようなドラマ。3話にして神回」などの感想が投稿された。

 また、ハイヒールを履いて転倒しそうになるユキコを森生が抱き締めるシーンに反響が集まり、「花ちゃんをいとおしそうに抱き締める杉野くんが堪らん」「身長差のあるハグは永遠の憧れ。宇宙一尊いハグ」「森生のハグの破壊力よ。キュンキュンが止まらない」といった声が寄せられた。

 終盤では、森生のことが好きなハチ子(生見愛瑠)が嫉妬し、ユキコの目前で森生に突然キスをする場面も。さらに、弱視のユキコがそのことに気付かなかったことから、「めるるは好きだけど、ハチ子は無理!」「最後にムカついた。目が見えないって分かっていてあれはずるい」といったコメントも集まった。

[gallery ids="1298141,1298142,1298143"]

関連記事(外部サイト)