周囲は反対も…カズレーザーと組んだ「メイプル」安藤なつの先見

周囲は反対も…カズレーザーと組んだ「メイプル」安藤なつの先見

不思議なバランスで成り立つ「メイプル超合金」安藤なつとカズレーザー/(C)日刊ゲンダイ

コラム【ギョーカイ“マル秘”雑記帳】

 バラエティーだけでなく、今や数々のクイズ番組に引っ張りだこ。一躍人気インテリ芸人の地位を築き上げた「メイプル超合金」のカズレーザー(33)。しかしながら、そんな頭脳派な一面がある一方、バイセクシュアルを公言し、「奇才」「サイコパス」とアダ名を付けられるほど類いまれな変わったキャラの印象も強い。

 だがそんなカズの横に、130キロの“巨女”である相方の安藤なつ(37)がいることで絶妙にバランスが取れたコンビにも見えるから不思議だ。

 人気コンビになった2人の出会いについて知る芸能関係者が語る。

「ピン芸人だった頃のカズのネタはぶっ飛んでるというか変化球すぎるというか、まったく劇場のお客さんには伝わらず、ひたすらスベリ倒していました。でも本人はまったく客席の空気なんか気にしていない。そんな不気味なメンタルの強さから、サイコパスなんてアダ名が付いたんです。周りの芸人たちもカズの頭の良さは認めつつも、人間性が謎すぎて距離を置かざるを得ず、友達もいない年月が続いてました。

 そのうち安藤がコンビ解散になり、カズが相方に誘ったことが分かると、芸人たちみんなが安藤の説得に走り、新コンビ結成に猛反対。あんな正体不明のスベリ芸人と組んだら一生地獄だなんだともうボロカスでした(笑い)。あまりの猛反対に散々悩んだ安藤でしたが、最後は反対を押し切ってメイプル超合金を結成。で、今にいたるんです」

 カズが天才と奇才を器用に使い分けながら自由奔放に暴れまわれるのは、安藤というブレない存在があってこそ。安藤の先見の明は本当にスゴい。


関連記事(外部サイト)