悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

「フライデー」がバナナマン・日村勇紀の未成年者への淫行報じる 神田愛花に同情も

記事まとめ

  • バナナマン・日村勇紀の未成年への淫行疑惑を発売中の「フライデー」が報道している
  • 妻の神田愛花に対して「気の毒」と同情する声や、告発女性への批判も噴出している
  • 元TOKIO山口達也、小出恵介、狩野英孝、極楽とんぼ・山本圭壱も過去に淫行報道

悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

バナナマンの日村勇紀(C)日刊ゲンダイ

お笑いコンビ、バナナマン日村勇紀(46)の未成年への淫行スキャンダルは、「日村さんは被害者じゃないか」と擁護する声も多く、妻でフリーアナの神田愛花(38)に対しても「気の毒」と同情論が巻き起こっている。

 発売中の「フライデー」によると、日村は16年前、被害女性に対し「セクシーな写メ」などとメールし、頻繁に体の関係を求めていた。相手の女性はファンで、当初は21歳と年齢を偽っていたが、メールのやりとりを繰り返す中で未成年であることを打ち明けても、日村は連絡を取り続けた。女性はその詳細を誌上で告発している。

 未成年者への淫行では、元TOKIOの山口達也、小出恵介、狩野英孝に極楽とんぼの山本圭壱と、何人もの売れっ子が疑惑浮上とともにバッシングされ、書類送検されたり、仕事を失うなどしてきた。ところが日村は違った。淫行から16年が経過し、被害女性の出身地では公訴時効は3年で、時効も成立していることから「なぜ今さら」と女性に対する批判が噴出。「今さらなのに、きちんと謝罪コメントを出した日村は立派」などと、女性へのバッシングまで出てきているのだ。日村は生放送で謝罪。それでもうおとがめなしで、今のところ仕事も続けている。スポーツ紙芸能記者はこう言う。

「16年前といえば、コンビ結成から9年が経ち、お笑い界で人気が上がり、全国区のテレビ番組にも出始めていた。当時から応援していた皆さんにしてみれば、あの頃、日村は16歳のファンの少女を弄んでいたのかと、やはりショックなのではないでしょうか」

 少なくとも、日村は被害者ではなく、疑惑の当時者、加害者側である。ネットは日村擁護に傾いているが、芸能プロデューサーの野島茂朗氏がこう言う。

「実際のところ、裏の顔がひどいタレントは少なくありません。テレビで笑顔を振りまく表の顔とのイメージの落差に、視聴者もファンも仰天されると思います。日村さんがどうかというのではなく、一般にお笑い芸人には、モテたくて芸人をはじめた者が多い。売れてモテるようになったら、ファンだろうと誰だろうと、女性を戦利品のように見て、思い上がった態度を取ったりする。都合良く遊んだ上、ポイ捨てでアフターケアもなにもしないとなれば、たとえファンでも、相手の女性はなんだとなってしまうのです」

 そして、被害女性の心境についてこう続けた。

「写真週刊誌などに告発した女性を何人も見てきましたが、小遣い稼ぎや売名のためということよりも、無償デリヘルのように扱われて自宅やロケ先のホテルの部屋に呼ばれていいようにされ、自尊心を傷つけられたことへの怒り。こちらのほうをより強く感じました」

 被害女性にしてみれば、16年経っても忘れられない屈辱と怒りがあるのだろう。

 女性側を非難し、日村を擁護するその神経はおかしい。

関連記事(外部サイト)