感謝と決意を表明…松岡茉優は“第2の樹木希林”になれるか

松岡茉優が「樹木希林さんのようになりたい」と発言 映画『万引き家族』で共演

記事まとめ

  • 松岡茉優が来月25日から行われる「第31回東京国際映画祭」アンバサダーに就任した
  • ラインアップ発表会見では「もっと勉強して樹木さんのようになりたい」と決意表明した
  • 松岡は映画「万引き家族」(2018年)で樹木希林さんと共演していた

感謝と決意を表明…松岡茉優は“第2の樹木希林”になれるか

感謝と決意を表明…松岡茉優は“第2の樹木希林”になれるか

「もっと勉強して樹木さんのようになりたい」と決意表明(C)日刊ゲンダイ

「私でいいんですかねえ(笑い)。でも1年間邁進してまいりました」と自虐を交えながら挨拶したのは、女優の松岡茉優(23)。来月25日から開催される「第31回東京国際映画祭」アンバサダーに就任したことを受け、25日のラインアップ発表会見で語った抱負である。

 昨年の第30回では主演映画「勝手にふるえてろ」がコンペティション部門の観客賞に選ばれ、自身も宝石のような輝きを放つ若手キャストとして東京ジェムストーン賞を受賞。1年足らずで映画祭の“顔”を務める凱旋起用となったわけだが、臆する様子もなく「東京出身なので『地元の大好きな映画祭』と言えることもうれしい」と笑顔でPR。終始、人間味を感じさせるトークを展開した。

 映画「万引き家族」(2018年)で共演した故・樹木希林への思いを聞かれると、「樹木さんとの思い出は宝物でたくさんあるんですが、悲しいなという気持ちはなくて」と周囲の意表を突くひと言。続けて、報道陣と映画配給会社に対し、「(この発言は)使わなくてもいいんです」と断りを入れた上で、劇中で樹木演じる老女をみとったことを引き合いに出し、「一度、映画の中でお別れをしています。そこでありがとうをたくさん言えた」と粛々と語り、「樹木さんと同じ時代に生まれ、作品をたくさん見られる時代に生まれて……私が新しい時代につなげる役目として誇りを持っていきたい。もっと勉強して樹木さんのようになりたい」と“第2の樹木希林”を目指す決意表明も飛び出したのだった。

 今年5月、長年所属していた「ヒラタオフィス」から系列の「ヒラタインターナショナル」への移籍を公表。前事務所の社長との関係やパワハラが報じられるなどスッタモンダの“移籍劇”がマイナスイメージをもたらしたが、そんなことでは容易に潰れない演技派になりつつある。映画批評家の前田有一氏は、「若手女優の中でナンバーワン」と絶賛し続ける。

「ここ1、2年でメキメキと頭角を現していますが、特筆すべきはあの恵まれた容姿にして、一般人の役柄を違和感なく演じられることでしょう。『万引き家族』ではJKリフレで働く女性を説得力をもって演じていましたが、自分とは正反対の不細工な役柄でも自然体に演じられる若手はそうはいません」

 樹木さんが出世作となったドラマ「七人の孫」(1964年)に出演した当時は20歳ちょっと。齢23の「第2の樹木」の今後が楽しみだ。

関連記事(外部サイト)