「IZ*ONE」専念の宮脇咲良 韓国で“日流旋風”を起こせるか

IZ*ONEの宮脇咲良、矢吹奈子、本田仁美はTWICE・MOMOに続ける? 日流旋風に期待も

記事まとめ

  • HKT48の宮脇咲良・矢吹奈子、AKB48の本田仁美が日本での活動を休止しIZ*ONEに専念する
  • IZ*ONEはオーディション番組『PRODUCE 48』から誕生した日韓12人組のガールズグループ
  • ライター・松庭直氏はTWICE・MOMOを例に挙げ、宮脇らも「善戦すると思います」と語る

「IZ*ONE」専念の宮脇咲良 韓国で“日流旋風”を起こせるか

「IZ*ONE」専念の宮脇咲良 韓国で“日流旋風”を起こせるか

左は「PRODUCE48」OFFICIALツイッターから

HKT48の宮脇咲良(20)らAKB48グループのメンバー3人が日本での活動を一時休止し、日韓合同アイドルグループ「IZ*ONE(アイズワン)」に専念することが明らかになった。

 アイズワンは韓国での視聴者参加型のオーディション番組「PRODUCE48」を経て誕生した日韓12人組ガールズグループ。同番組は、韓国の人気オーディション番組「PRODUCE101」にAKB48の生みの親である秋元康氏が参戦し今年6月にスタートした。ケーブルテレビとしては異例の高視聴率を記録、番組の平均視聴率は3.1%。9週連続で同時間帯1位をキープした。

 この番組は“国民プロデューサー”といわれる、視聴者が番組を通して投票するのが特徴だ。必然的に、“アウェー”で戦う日本人アイドルには不利になるのではないかといわれていたが、いざフタを開けてみると思いのほか健闘。SKEの松井珠理奈、NMBの白間美瑠らが途中で“脱落”したが、12人のメンバーの中には、宮脇のほかにHKTの矢吹奈子(17)、AKBの本田仁美(16)も加わった。

「韓国人アイドルたちと一緒に戦ったことにより、日本のアイドルならではの良さが引き立ったことが勝因として考えられます。韓国人のアイドルは持ち合わせていない、かわいさであったり、天真らんまんさであったり、それが際立ったように感じました」(韓国芸能界に詳しいライターの松庭直氏)

 アイズワンはセクシーなイメージが強い韓国アイドルらしさを払拭し、AKBのように制服姿に身を包み、かわいさをウリにしているようだ。日本人メンバーもいるTWICEがすでに日韓で人気を博しているが、アイズワンもTWICEに続くことができるのだろうか。

「『PRODUCE101』という番組自体が韓国で人気があり、すでに、この番組から輩出されたOneOneなど、活躍しているアイドルも多くいるので、ある程度の人気は保証されていると思いますよ。一昔前まで、日本人アイドルはダンスも歌唱力も韓国人の足元にも及ばないといわれてきました。しかし、日本人アイドルのTWICEのMOMOが、いい例で、彼女の圧巻のパフォーマンスを見て分かるように、日本人アイドルもそれなりのパフォーマンス力を持ち合わせてきています。韓国内で日本人アイドルの認知度も高まりつつあり、そこそこ善戦すると思います」(松庭直氏)

 韓流ならぬ“日流旋風”が韓国で吹き荒れる日も近そうだ。

関連記事(外部サイト)