7度目再放送なのに「東京ラブストーリー」“録画率”が凄いことに

織田裕二と鈴木保奈美の『東京ラブストーリー』が櫻井翔や山下智久のドラマ上回る支持

記事まとめ

  • 織田裕二と鈴木保奈美出演のフジテレビ系『東京ラブストーリー』が再放送されている
  • 本作は『謎解きはディナーのあとで』『コード・ブルー』と比べ録画再生視聴が約1.5倍
  • ライブ視聴と合わせても櫻井翔、山下智久らジャニーズ主演作を上回る支持を得ている

7度目再放送なのに「東京ラブストーリー」“録画率”が凄いことに

7度目再放送なのに「東京ラブストーリー」“録画率”が凄いことに

織田裕二と鈴木保奈美(C)日刊ゲンダイ

ドジョウは何匹いるのやら……。91年1月期に放送し大ヒットした「東京ラブストーリー」が再放送されている件。来月8日からスタートする織田裕二(50)主演の月9ドラマ「SUITS/スーツ」(フジテレビ系、月曜21時)に先駆け、織田と鈴木保奈美(52)の同作以来、27年半ぶりの共演を盛り上げようと通算7度目の再放送に打って出たわけだ。そんなフジの思惑どおり、第1話(14日)の放送前からSNSでは情報が拡散され、大盛り上がり。放送翌日には視聴率2.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)が報じられるも、平日午後帯のメディアミックスα枠での放送だけに、がぜん、「録画視聴」に注目が集まっていた。

■ジャニドラマより多い「信者」

 で、実際、どうだったのか。東芝映像ソリューションが運営する視聴分析システム「TimeOn Analytics」のデータを見てほしい。同時間帯で東京ラブストーリーの前に放送していた桜井翔(36)主演の「謎解きはディナーのあとで」(11年10月期)と、東京ラブストーリー同様“過去の遺産”であり、新シリーズを前に放送した山下智久(33)主演の「コード・ブルー ―ドクターヘリ緊急救命―」(08年7月期)を合わせた計3番組の3話分の“成績”である。同データは、レグザ利用者のうち視聴ログの収集・使用について許諾を得たテレビ(関東地区で29万台)のみから収集・使用し(第三者に提供する場合は個人が特定できない統計値として提供)、リアルタイム視聴を「ライブ率」、録画再生視聴を「再生率」、そして、ライブ率と再生率を合算したものだ。

 話を戻そう。別表3番組のライブ率は2%前後と同程度なのに対し、特筆すべきは再生率。他2番組がほぼ1%未満なのに対し、東京ラブストーリーはおよそ1.5倍の1.4%台をマーク。熱心なファンを抱えるジャニーズ主演作を上回る支持を得ているのである。

 コラムニストの桧山珠美氏はこう言う。

「東京ラブストーリーはBGMの入れ方ひとつとっても月9の王道成功パターンを踏襲した作り込まれた作品。巨大な携帯電話など郷愁を誘う小道具も見どころのひとつではありますが、何はともあれ、坂元裕二氏の脚本力。心を揺さぶる、人間くさい、傷口をえぐるようなせりふが多い。何度でも見たくなるだけに、今度の月9でも純粋にカンチ&リカの続編だったらなあと悔やまれます」

 根強いファンを持つ同ドラマ。柳の下にドジョウはまだうようよしている。

関連記事(外部サイト)