淫行疑惑のバナナマン日村 事態収束に残された“唯一の道”

バナナマン日村勇紀に淫行疑惑 相手女性を逆なでし、二の矢・三の矢を放たれる危険も

記事まとめ

  • バナナマン日村勇紀が16年前に当時16歳の少女と関係を持ったとFRIDAYが報じた
  • 日村は「覚えておりません」と語ったが、二の矢、三の矢が撃ち込まれる危険も
  • 妻の神田愛花はSNSで夫を応援する投稿、芸人仲間もいじって笑いに変えようとしている

淫行疑惑のバナナマン日村 事態収束に残された“唯一の道”

淫行疑惑のバナナマン日村 事態収束に残された“唯一の道”

「よく覚えていない」とは言い訳(C)日刊ゲンダイ

えっ、また! と思ってしまったのは、その前週にジャーニーズタレントの“ベッド写真”が立て続けに写真誌に掲載されたからだが、《16歳少女との淫行》という、表紙に打たれた衝撃的なタイトルが目を引いたのは「FRIDAY」(10月5日号)。バナナマン日村勇紀(46)が16年前に、当時16歳の少女と関係を持ったというのだ。

 その女性が告発しているわけだが、なにせ16年も前の話で、日村本人も、よく覚えてないという。

 それでも日村は、同誌に、《16年前のこととはいえ、自覚が足りない行動を取ってしまったことに対し反省しております。相手の方が21歳であると名乗り、その後16歳と訂正したことも正直なところよく覚えておりません。相手の方を深く傷つけてしまったことは大変申し訳なく思っております。今後はきちんと襟を正し、一生懸命仕事に取り組んでいきますので、これからもどうぞよろしくお願い致します》と謝罪コメントを寄せた。

 確かに16年も前の話であって、法律的にも時効が成立しているため、彼が罰せられることもないだろう。

 残るは倫理的な問題だけだ。16年前だからといっても、そのとき彼は30歳を過ぎた、一般的には“いい大人”。“若気の至り”とはいかないだろう。

■「よく覚えていない」とは言い訳

 それに《よく覚えておりません》は、いかがなものか。“やったほうは忘れても、やられたほうは忘れない”と、よく言われる。

 女性にとって、日村との関係は忘れてしまいたい過去だったのかもしれないが、美人女子アナとの結婚や高級マンションでの生活など、彼の幸せぶりを目にするたびに、シャクに障って、許せないという気持ちがふつふつと湧いてきたのだろう。

 日村の《覚えておりません》が事実なのかどうか分からないが、女性の感情を逆なでし、場合によっては、二の矢、三の矢が撃ち込まれる危険も出てくる。

 謝罪するにしても、言葉のチョイスが重要になってくる。はっきり「覚えていない」と言うのではなく、「記憶が定かでなく……」のほうが、ベターだったのではないかと思う。

 こんなとき、政治家というのは実に言葉選びがうまく、逃げ上手だと、感心させられる。

■「お騒がしてすいません」では誰も納得しない

 日村は自身が出演した生番組でも一応、頭は下げた。しかし、芸能人の謝罪でよく聞かれる、通り一遍の、「お騒がせしてすいません」だけでは、相手の女性も含め、納得しない人も多いだろう。

 また、芸人仲間が彼をかばったり、いじったりして笑いに変えようとし、内輪だけで“みそぎ”が済んだとしようとすることは、余計に世間の反感を買うことになると気が付かないのも情けない。

 たとえ昔の話であっても、女性が訴えていることが事実なら、法に触れるような行いがあったことは間違いないのだから。

 では、どうすればいいのか。何も、これくらいのことで、という人がいるかもしれないが、キチンとしたケジメをつけ、事態を収束させるためにも、今からでも謝罪会見を開いた方がいいのではないか。会見の内容にもよるが、日本のマスコミや世論は、会見ひとつで気が収まる傾向がある。スポンサーもしかり。その場で、誠心誠意、女性や世間や妻に対し謝罪すればいい。

 それだけで非難の声は収まるだろうし、反対にイメージアップにつながる可能性もある。

 幸いなことに、今のところ彼の仕事に大きな影響はないようだし、妻の神田は、SNSで夫を応援する書き込みをしている。ただ、そうは言っても、今後の夫婦関係がどうなるのか、ちょっと心配になる。

(芸能ジャーナリスト・佐々木博之)

関連記事(外部サイト)