「私の奴隷になりなさい第2章」 行平あい佳の“艶技”の秘訣

「私の奴隷になりなさい第2章」 行平あい佳の“艶技”の秘訣

行平あい佳(C)日刊ゲンダイ

壇蜜(37)の出世作ともなった官能映画「私の奴隷になりなさい」の公開から6年。その続編にあたる「私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください」(29日公開)で、ひとりの新人女優が大胆で妖艶な脱ぎっぷりを披露している。行平あい佳、27歳。「奴隷」の素養を開花させていく姿を描いた演技を見逃す手はない。

 不倫関係に陥った男女を軸に奴隷として調教される人妻・明乃を演じた。逢瀬にのめり込んでいくうち、セックスの喜びに開花する役どころ。何度も息遣いの荒ぶる濡れ場に挑んだが、裸を見せることへの抵抗は「これっぽっちもなかった」と言う。脚本に惚れ込み、相手役の毎熊克哉(31)や城定秀夫監督との入念な話し合いが、「余計な感情を打ち消し、自信をもたらしてくれたんです」。

 艶っぽさを出すため、20〜30冊の恋愛漫画を読んだ。なかでも「日暮キノコ先生の描く女性はものすごくエッチでかわいらしい。ポーズ集のような女性の体つきや曲線、凹凸、そして腰の反り方など、ひとつひとつ参考にさせていただきました」。

 何より心がけたのは体のバランスだ。

「お芝居をするときは、いつも重心がどこにあるのかを意識しています。性愛のベクトルが物凄い勢いで開花する明乃の場合は、上半身はちょっと軽めで、丹田よりは下に重心があるのかなって。撮影中は、子宮のあたりに重心を感じながら生きていました。子宮に重心、初めての経験でしたね」

 にっかつロマンポルノで活躍した元女優・寺島まゆみ(57)を母に持つ。幼少期から本好きで、映画の世界に興味を持ったのも「母の影響が大きかった」と話す。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後、和菓子屋でのバイト生活を経て、映画サークルの先輩から誘われ助監督に。そして役者に転身した。

「大好きな映画が一体どのように作られるのか、単純に興味があったんです。それに、裏方を経験している方が“俳優部”として現場にいるときに楽しむ幅が広がるでしょうし、ひととおり製作過程を知ることが“俳優部”への近道だとも思いました」

 女優ではなく「俳優部」と、独特の言い回しで表現するのも、映画界へのリスペクトがあるからこそ。

「自分から女優と名乗るのはなんだか気恥ずかしくて(苦笑い)。それに映画は演出部さんや技術部さんなども含め、皆で一緒に作り上げるもの。その中でキャラクターの役割を担当するのが俳優部の人間だっていう意識が強いんです。助監督時代のクセが抜けないみたい」

 今回の現場で「俳優部として現場にいられる幸せを肌で感じた」と目を輝かせる。俳優部・行平あい佳の素養を開花させる一作にもなった。 (取材・文=小川泰加)


関連記事(外部サイト)