依存症疑われる吉澤ひとみ 芸能界引退で「断酒」できるか

吉澤ひとみ、芸能界引退で「断酒」できるのか? 医師が語る依存症治療の難しさ

記事まとめ

  • 酒気帯び運転とひき逃げの罪で起訴された吉澤ひとみ被告が芸能界引退を発表した
  • 吉澤被告は酒好きを通り越し、アルコール依存症の可能性が指摘されている
  • 医師の西崎統氏によれば、断酒するには施設に入るなど環境を変えることが大切だという

依存症疑われる吉澤ひとみ 芸能界引退で「断酒」できるか

依存症疑われる吉澤ひとみ 芸能界引退で「断酒」できるか

酒豪で有名だった(C)日刊ゲンダイ

酒気帯び運転とひき逃げの罪で起訴された元「モーニング娘。」の吉澤ひとみ被告(33)。保釈された28日の夜、所属事務所は芸能界引退を発表したが、気になるのは吉澤が酒をガマンできるのかだ。

 2008年に警察庁の委託で行われた免許停止・取り消しの処分者を対象にした調査によると、飲酒運転違反者のうち、約4人に1人がアルコール依存症の疑いがあったという。吉澤は事故前、「缶酎ハイ3杯と焼酎のソーダ割り2杯を飲んだ」と報じられている。ソーダ割りはジョッキの半分が焼酎で、缶酎ハイはアルコール度数が9%だったというから、アルコール依存症の疑いがある。

 吉澤のブログを見ると、誕生日に日本酒がプレゼントされていたり、沖縄旅行で泡盛パーティーを開いていたり。仲間内でも“酒豪”として有名だったようだ。酒を一滴も飲めなかった3週間の留置場暮らしはさぞつらかっただろう。吉澤は断酒できるのか。聖路加国際病院内科名誉医長で「西崎クリニック」院長の西崎統氏がこう言う。

「(一般論として、アルコール依存症の人は)誘惑があったら再び飲酒をしてしまう可能性が高く、よほどのことがない限り治療することは難しい。(断酒するための)施設に入るなど、環境を大きく変えていくことが大切で、半年から1年かけてお酒を断っていく必要があります」

 果たして、吉澤の〈未来はWow Wow Wow Wow〉となるか――。

関連記事(外部サイト)