“鈴愛ロス”吹き飛ばす? 永野芽郁にオファーひっきりなし

永野芽郁、朝ドラ「半分、青い。」全話平均視聴率は20%超えでオファー続々

記事まとめ

  • 朝ドラ「半分、青い。」が好評だった永野芽郁に多くのオファーが届いているという
  • 実は永野はTBSドラマに出演が内定していたが、番手が下で今の人気には釣り合わない
  • したがって、1月クールで坂口健太郎かジャニーズの俳優と共演するといわれているそう

“鈴愛ロス”吹き飛ばす? 永野芽郁にオファーひっきりなし

“鈴愛ロス”吹き飛ばす? 永野芽郁にオファーひっきりなし

テレビに出ずっぱり(C)日刊ゲンダイ

NHKの連続テレビ小説「半分、青い。」が9月29日に最終回を迎えた。全話平均視聴率は20%を超えるとみられており、ファンから「鈴愛ちゃんが見られなくなるのは寂しい」などと“鈴愛ロス”の声が噴出している。

 もっとも、ヒロインを演じた永野芽郁の姿は、これから嫌になるくらい地上波で見られる。

「永野はTBSの10月ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』に出演が内定していました。ただ、番手が下の方で、今の人気には釣り合わない。なので、出演のタイミングを遅らせ、1月クールで坂口健太郎ジャニーズの俳優と共演するといわれています」(ドラマ関係者)

 永野の所属事務所からは、「公式発表していないのでまだ具体的なお話はできませんが、テレビ、映画のオファーは主演で数本頂いております。CMも何本か決まっています」と回答があった。

 舞台出演も決まっているといい、“鈴愛ロス”の人たちは一安心か。

関連記事(外部サイト)