安藤サクラに直撃 柄本一家との奮闘が朝ドラになったら…

安藤サクラ「まんぷく」主演を、角替和枝、柄本明、柄本佑、奥田瑛二ら家族が後押し

記事まとめ

  • 安藤サクラはNHK連続テレビ小説「まんぷく」に主演し朝の顔として乗りに乗っている
  • 義母の角替和枝、義父の柄本明、夫の柄本佑、父の奥田瑛二が、安藤の背中を押した
  • 同作は安藤と長谷川博己が演じる夫婦がインスタントラーメンを生み出す物語である

安藤サクラに直撃 柄本一家との奮闘が朝ドラになったら…

安藤サクラに直撃 柄本一家との奮闘が朝ドラになったら…

「まんぷく」がスタート(C)日刊ゲンダイ

乗りに乗っている女優が新しい「朝の顔」だ。1日スタートのNHK連続テレビ小説「まんぷく」主演の安藤サクラ(32)。映画「万引き家族」での演技が高く評価され、国際派女優の仲間入りも果たした。今回、朝ドラヒロインを演じるにあたり、ファミリーの強烈な後押しを受けたという。

「これまで撮影で訪れた地域の方々にたくさんお世話になっているんですが、地元で撮影した作品なのに見てもらえないことってあると思うんです。でも、朝ドラは違う。電波がなかなか入らない山奥に住むおばあちゃんも、どんな映画や舞台の作品よりも楽しみに見てくれるような気がしています。『まんぷく』に出ることで、ようやくお世話になった方々に恩返しができるんじゃないかなって。いつものように商店街で、通りすがりのおばちゃんやおじちゃんたちと世間話をするときも、“朝ドラに出ている人よね”って話しかけてもらえることが増えたらうれしいですね」

 もっとも、オファーがあった当初は出演を諦めるつもりだったという。第1子を出産したばかりで子育てに専念しなければならないという固定観念を抱いていたからだ。

「母としても妻としても、家庭に入るべきなのかなって、ずっと考えていたんです。とくに乳飲み子のときは、付きっきりでいなければいけないと。だから、お話をいただいたときは悔しかった。このタイミングかーって」

 気持ちを変えさせたのは、支える家族がいたからだった。義母の角替和枝は「この仕事をやらないなら、事務所もこの仕事もやめちゃいな」と言い放ち、「柄本のお父ちゃん(柄本明)も夫(柄本佑)も『なんでやらないの? やればいいじゃん』って。うちのお父ちゃん(奥田瑛二)からは『これは挑戦じゃなくて冒険だ』と。皆から背中を押してもらって、覚悟を決めたんです」

 インスタントラーメンを生み出した今井福子(安藤)と立花萬平(長谷川博己)夫婦の知られざる物語を紡ぐ本作。いつか安藤・柄本一家の奮闘ぶりも、朝ドラの題材になりそうだ。そのときはファミリー総出で、それぞれ本人役を演じることになりそうだが……。

「家族全員巻き込んでやるってことですよね? わ、わ、頭が混乱しそうだけれど、面白そう! 今回の朝ドラでもいろんな自分を発見中なんですが、自分で自分を演じたら、さらに新しい一面が発見できそうですね(笑い)」

 勢いがある女優は、常にポジティブだ。
(取材・文=小川泰加)


関連記事(外部サイト)