のん中国進出 CM抜擢で年間数十億円のギャラも夢じゃない

のん(元・能年玲奈)が中国で広告に起用 酒井法子のように中国人に好まれる?

記事まとめ

  • のん(元・能年玲奈)が、中国で化粧品の広告に起用され、話題になっているという
  • ロート製薬の「肌ラボ」シリーズの広告で、中国では早くも「かわいい!」という声も
  • 「ブレークすると中国だけで年間数十億円の収入も見込める」とジャーナリストは分析

のん中国進出 CM抜擢で年間数十億円のギャラも夢じゃない

のん中国進出 CM抜擢で年間数十億円のギャラも夢じゃない

のん((右)公式サイトから)

女優ののん(元・能年玲奈/25)が、中国で化粧品の広告に起用され、話題になっている。

 ロート製薬のスキンケアコスメ「肌ラボ」シリーズの広告で、9月末から中国、香港、マカオ、台湾と中華圏全土でCMや広告が順次展開。中国では早くも「かわいい!」とSNS上で話題になっている。

■パーフェクトシンプル

 のんといえば、2016年に改名後も、いまだ事務所移籍問題が尾を引き、日本ではテレビ露出できずにいる状態。そこで中国という新たな市場に活路を見いだしたようだ。キャスティングしたのはロート製薬本社ではなく、香港に拠点を構える現地法人の中国人宣伝担当者で、本社サイドものんの起用を知らされて驚いたのだとか。起用理由は「製品コンセプトの『パーフェクトシンプル』にのんさんのナチュラルでピュアなイメージが合うというのが第一の理由です。好感度も高く、製品イメージを広く伝えてくれると期待しております」(広報担当)という。

■年間数十億円のギャラも夢じゃない

 中国人ジャーナリストの周来友氏がこう言う。

「中国でものんさんは人気です。ネットで『あまちゃん』も人気でしたし、一連の事務所問題で“悲劇のヒロイン”として認識されています。透明感のある清楚な顔は、一時期人気だった酒井法子さんにも通じるものがあり、中国人に好まれるタイプ。

 今回のCMでは日本の相場の1.5倍程度のギャラかもしれませんが、ブレークするのは時間の問題。中国は火がつくと加速度は早いので、あっという間に10倍、100倍のギャラに跳ね上がる可能性もありますし、中国だけで年間数十億円の収入も見込めます。日本でじっと息を潜めて機を待つより、中国で人気と広告単価を上げて“逆輸入”で日本のテレビ界に復帰するというのも戦略的にアリでしょう。また、中国語を学んで、中国映画の大作に関われば、さらに大化けするかもしれません」

 世界最大の化粧品市場攻略の切り札に抜擢されたのん。江戸の敵を長崎で討つどころか中国を足掛かりに、まさかのハリウッド進出もあるかも!?


関連記事(外部サイト)