ZOZO前澤氏“舌好調” 剛力彩芽も月に「行きたい」と明かす

ZOZO前澤氏“舌好調” 剛力彩芽も月に「行きたい」と明かす

ZOZO前澤社長(C)AP

ムービー23社、ペン37媒体のマスコミが駆けつける大盛況だった。

 9日に行われた外国特派員協会(東京・有楽町)主催の会見で、主役はZOZOの前澤友作社長(42)。民間人初の月周回計画「ディア・ムーン」を企てる張本人から直接話を聞こうとお呼ばれしたわけだが、「楽しい会にしましょう。何でも聞いてください!」とノリノリで記者団に呼びかけるもんだから、世間を騒がせ続ける恋人・剛力彩芽(26)に関する質問も飛んだのだった。

 どこまでもサービス精神旺盛で回答も憎らしいほど男前。剛力を月へ連れて行く可能性を聞かれれば、「ぶっちゃけ、本人は私も行きたいと言っています」と明かすも、「ただ、楽しんでいく旅行とは違う。大事なミッションがある。彼女に何らかの役割やミッションがあって、すべての船員が受け入れてくれるのであれば、チャンスはある」と公私混同しない姿勢を見せる。

 ZOZOの社長ではなく「個人、前澤友作として(会見に)来ております」と語っても、そこは抜かりなし。自社で開発した絶賛売り出し中の「ZOZOスーツ」で採寸してこしらえたプライベートブランドで全身キメて登場するなど、さりげなく(?)PRしたのだった。

 今月1日付で社名をスタートトゥデイからZOZOに変更したばかり。くしくも同日、年初来高値を更新した日経平均の終値は前営業日比で0.5%増だったのに対し、ZOZO株は2.3%増。市場の期待値は高く、幸先のいいスタートを切ったといえよう。

 総資産額2600億円はくだらない男の夢と野望は日本では狭すぎるようだ。

関連記事(外部サイト)