下駄履きの落合陽一氏が話題 「news zero」斬新起用の狙い

落合陽一氏やGIMICOなど「news zero」の個性豊かなゲストコメンテーターが話題

記事まとめ

  • 有働由美子アナ率いる「news zero」のゲストコメンテーターが話題になっている
  • 今までに実業家の落合陽一氏や義足モデルのGIMICO、大泉洋などが出演
  • また、トランスジェンダーを公表している日テレ局員・谷生俊美氏も登場した

下駄履きの落合陽一氏が話題 「news zero」斬新起用の狙い

下駄履きの落合陽一氏が話題 「news zero」斬新起用の狙い

日本テレビ(C)日刊ゲンダイ

新キャスターに元NHKの有働由美子アナ(49)を迎えて10月1日にリニューアルした「news zero」(日本テレビ系)。有働の一挙手一投足に注目が集まっているが、バラエティーに富んだゲストコメンテーターも話題になっている。

 2日の放送では初ゲストとして、実業家の落合陽一氏が登場。3日は義足モデルのGIMICO(ギミコ)、4日は日テレ局員でトランスジェンダーを公表している谷生俊美氏が出演。5日のゲストは俳優の大泉洋が出演だったが、いずれも個性あふれる面々だった。特に反響が大きかったのが、全身黒の服装で下駄を履いて出演した落合氏と、青と白のワンピースの女装姿で出演した谷生氏だろう。“彼女”の本来の肩書は「金曜ロードショー」のプロデューサーだ。

 ネット上で落合氏については「草履はマズい。あと態度(が悪い)。もう出ないでほしい」といったものから「頭の回転の速さが際立つ」など賛否が真っ二つに別れた。一方、谷生氏についてもさまざまな臆測が広がっている。

 どうして彼らを起用したのか。今後も出演するのか。日テレに聞くと、「落合さんはさまざまなテーマについて独自の視点からの見識に期待し、ご出演いただきました。谷生については映画をはじめとするエンターテインメントに対する見識や、元報道記者、LGBT当事者としての経験に基づく見識があると判断し起用しました。そのほか番組制作の詳細についてはお答えしておりません」と回答があった。9日も出演した落合氏は下駄ではなく靴を履いていた。

 もっとも、個性的なゲスト起用の背景にはテレビの視聴習慣がない若者を取り込む狙いも垣間見える。

「若者はテレビよりネットの“接触時間”が増加傾向にある。そこでテレビ各局は若者の視聴者を獲得するためにインターネットを使った動画配信に力を入れています。日テレは2014年に定額制動画配信サービス『Hulu』の日本事業を買収。先日は、30代、40代にカリスマ的影響力のある安室奈美恵さんの引退ライブと密着ドキュメンタリーを独占配信しました」(テレビ局関係者)

「news zero」では放送終了後に「ウドウ反省会」と題して、有働や出演者たちがSNSを通して視聴者と交流を図っている。テレビとネットの融合、橋渡しを担うのが「news zero」の個性豊かなゲストなのかもしれない。

 ITジャーナリストの井上トシユキ氏が言う。

「日本テレビは30代から40代の新聞を読まない、スマホ世代をダイレクトに狙っているのでしょう。この層の人は10代や20代の若者よりも家計や子供の受験などの負担が大きい。テレビ局はこの人たちが視聴者として戻ってきてくれると、スポンサーに営業がしやすい。そこで、ビジネスマンに注目されている落合陽一さんや視聴者に多様性を持たせるために谷生俊美さんをゲスト出演させたのだと思います」

 今後のゲストも要注目だ。

関連記事(外部サイト)