フジ月9にしては好発進 織田裕二「SUITS」は“脇”がよかった説

織田裕二の主演ドラマ「SUITS/スーツ」初回に映画「カメ止め」の濱津隆之が出演

記事まとめ

  • 織田裕二の主演ドラマ「SUITS/スーツ」初回視聴率は14.2%、なかなかの好発進だった
  • 織田と鈴木保奈美は本作で「東京ラブストーリー」以来27年ぶりに共演する
  • また、本作では映画「カメラを止めるな!」で一躍脚光を浴びた濱津隆之も出演している

フジ月9にしては好発進 織田裕二「SUITS」は“脇”がよかった説

フジ月9にしては好発進 織田裕二「SUITS」は“脇”がよかった説

鈴木保奈美人気も(C)日刊ゲンダイ

「“脇”がよかったんじゃないの」(テレビ誌ライター)なんてシニカルな声もある。8日スタートの月9ドラマ「SUITS/スーツ」(フジテレビ系)の話。

 30分拡大版の初回平均視聴率は14・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、前クールの「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」の初回を3・6ポイント上回った。低迷がささやかれる月9としては、なかなかの好発進といえるだろう。

「10年ぶりの月9主演の織田裕二(50)と、織田演じる敏腕弁護士の事務所所長役の鈴木保奈美(52)が『東京ラブストーリー』以来、実に27年ぶりの共演! なんて数カ月前から話題づくりに躍起だった割には、ビミョーな数字ですね。SUITSの放送直前に、14年ぶり7回目の東京ラブストーリーの再放送も流し、『街が公衆電話だらけ』なんて驚く若い世代の声がネット上にあふれていたにもかかわらず、物足りない」(前出のテレビ誌ライター)

有森也実さんのゲスト出演も期待

 もっとも、「当時の鈴木保奈美さんの美貌と可憐さ、その存在感に驚いた若い世代も多かったようです」と話すのは、ラジオドラマの脚本なども手掛けるライターの源祥子氏だ。

「女優としての彼女に興味を持ち、『じゃあSUITSも見てみよう』となった人もいるのではないでしょうか。原作のアメリカドラマを知る人の中には『所長役は鈴木さんじゃ迫力不足』の声もあったようですが、なかなかどうして。普段よりも声のトーンを落として演じていましたし、劇中で彼女が着こなすゴージャスなファッションは、女性から注目の的となる予感。カンチとリカの共演にはかなり高まりましたが、『東京ラブストーリー』ファンとしては、今後はさとみ役を演じた有森也実さんのゲスト出演も期待したいところです」と源氏は笑う。

 SUITS初回放送時には、ある俳優の出演も話題になった。低予算で大ヒットした映画「カメラを止めるな!」に監督役で出演し、一躍脚光を浴びた濱津隆之(37)。織田演じる弁護士の“情報屋”という役柄で、放送後は、ドラマのタイトルよりも濱津の名前が検索ワード上位にランクインする結果に……。

「この“カメ止め”効果で注目が集まっているうちに、有森さんのゲスト出演でさらなる視聴率アップを目指す、なんてこともあり得なくはない話かもしれません」(前出の源氏)

 確かに、織田より“脇”がよかった?

関連記事(外部サイト)