大阪・吉村知事TV出演は4月ここまで10本超え!吉本芸人顔負けの“行脚”まるで効果なし

大阪・吉村知事TV出演は4月ここまで10本超え!吉本芸人顔負けの“行脚”まるで効果なし

まんべんなく出演する気の使いよう(C)共同通信社

政府は23日、新型コロナウイルスの「緊急事態宣言」を東京、大阪、京都、兵庫の4都府県に発令することを決めた。同午後に衆参議院運営委員会での説明を経て、18時半からの新型コロナウイルス対策本部で正式決定する。発令は昨年4月、今年1月に続き3回目で、期間は4月25日〜5月11日までの17日間に設定する。

 23日午前に開かれた、感染症などの専門家でつくる政府の「基本的対処方針分科会」で、西村経済再生担当大臣は「大阪、兵庫、京都では、多くの指標が『ステージ4』相当で、特に変異株が8割を超えている。東京も新規陽性者の増加傾向が続き、5月には、ほぼ変異株に置き換わるということで、感染の急拡大もありえると懸念している」などと説明し、強い危機感を示した。

 特に待ったなしの状況となっているのが大阪だ。府内の重症病床は満床状態が続き、軽症・中等症病床も実質的な使用率は85%を上回る。自宅療養者は約9200人に上り、療養先調整中の患者も2900人を突破。感染者の急増に病床運用が追い付かず、救急搬送までに7時間待ちのケースもあるという。

 こうした状況に対し、府民から「いっつもテレビに出とって何してんねん」と怒りの声が上がっているのが、吉村知事のテレビ行脚だ。連日のようにテレビに出演し、神妙な顔で府内のコロナの感染状況を説明するものの、感染防止のための具体策が見えてこないからだという。

「なんかテレビ見とっても、評論家みたいなことば〜かりいうて。知事でなくて、コメンテーターにでもなったんとちゃうか」(府民のひとり)

■各局まんべんなく出演?

 なるほど、大阪府が公表している「知事の日程」を見ると、4月だけでも吉村知事のテレビ出演(収録)は目を引く多さだ。

 3日(土)読売テレビ「ウェークアップ」、読売テレビ「あさパラS」、4日(日)NHK「日曜討論」、5日(月)読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」、TBS番組収録、6日(火)朝日放送「キャスト」、7日(水)関西テレビ「報道ランナー」、8日(木)フジテレビ「めざまし8」、10日(土)テレビ朝日「サタデーステーション」、15日(木)読売テレビ「かんさい情報ネット ten」、16日(金)テレビ大阪「やさしいニュース」、21日(水)毎日放送「よんチャンテレビ」、22日(木)TBS「ひるおび!」……。

 いやはや、吉本芸人も顔負けのテレビ出演回数ではないか。局が隔たることがないように気を使っているのか、各局まんべんなく出演しているようにも見える。

 おそらく、吉村知事は「府民にコロナ感染対策を呼び掛けるための広報活動」などと言うのだろうが、結果として今のような深刻な医療崩壊状態を招いたのだから、テレビ行脚に効果はなかったということ。安易に出演依頼するテレビ局もテレビ局だが、吉村知事はもっと地に足の着いたコロナ対策に取り組んでほしい。

関連記事(外部サイト)

×