“仕事ブン投げ”小倉ゆうかは中国進出もイバラの道…知名度は「オタクの間レベル」

“仕事ブン投げ”小倉ゆうかは中国進出もイバラの道…知名度は「オタクの間レベル」

“リアル峰不二子”の人気も昔の話…(C)日刊ゲンダイ

タレントの小倉ゆうか(22)が4月28日、都内で洗顔フォーム「mitsuhada」の新製品発表会に出席した。

 小倉は13日に事務所独立と共に、名前を「優香」から「ゆうか」に改名。白のノースリーブドレス姿でエレガントにイメージを一新し、変わらぬ“8頭身”ボディーで会場を魅了した。昨年7月、ラジオの生放送中に「朝早く起きて夜早く寝るという生活をしていて、ラジオがつらくなったので……辞めさせてください」と発言し、そのまま降板。交際中の格闘家でユーチューバーの朝倉未来(28)との時間的なすれ違いを避けたかったためだという。

 交際は順調かと聞かれると中国語で「まあまあ」とコメント。今後は中国でも活躍したいと抱負を語った。事務所や放送局について問われると「伝えたいことは直接伝えたのでこの場ではないです」と冷ややかに返し、「具体的には?」と問われると「大丈夫です。遠慮しておきます」とピシャリ。現場にいた芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「事務所や放送局と円満解決ではないという印象が強く残りました。スポンサーは起用しにくくなり、“恋のために仕事を放り投げた”ことはファン離れにも影響していますし、日本ではさらに苦境を強いられることになるでしょう。ここで上手に答えていたら道は違っていたはず」

 中国人ジャーナリストの周来友氏がこう言う。

「スタイルの良さは中国でも話題ですが、現状はオタクの間レベル。中国は日本以上に倫理道徳に反することを非常に嫌い、大女優のチャン・ツィイーですら“略奪愛”でバッシングされ、ハリウッドに渡ったほど。小倉さんの降板事件は中国でも報じられているのでハンディになることは確かです。赤西仁さんの中国での成功はジャニーズ時代からの人気あってこそ。中国語を話せるからといって、本格参入しても中国芸能界全体が“熱烈歓迎”とまではいきません。今、肌露出の多いグラビアやセクシー路線は規制が厳しくなっています。中国で絶大な人気のセクシー女優・蒼井そらさんですら活動範囲が狭まっており、中国を目指すには遅い。場当たり的としか思えません」

 今回グラビアでの水着姿も封印した小倉。世の中、そんなに甘くない。

関連記事(外部サイト)

×