落語家ヨネスケ 72歳でYouTuberデビューした活力の源は

落語家ヨネスケ 72歳でYouTuberデビューした活力の源は

ヨネスケさん(C)日刊ゲンダイ

「72歳人生初、まだまだやりたいこといっぱいあるんです!」――。自身のユーチューブチャンネルでこう“絶叫”するのは、落語家のヨネスケ(73)だ。昨年9月、70歳をすぎての異例のユーチューバーデビュー。頭を金髪に染め上げ、裸をさらすこともいとわない。そのバイタリティーの源は何なのか。コロナ禍でも若さを保つ秘訣を、元気いっぱいに話してもらった。

■試行錯誤で脳を活性化

 ユーチューブチャンネルを始めたのは、(民放番組で話題となった名物コーナーの)「突撃!隣の晩ごはん」を、テレビではないところでやりたいと思っていたからなんです。でも、コロナ禍で人さまのお宅に「突撃」するのは難しくなった。だから、ご当地の「お取り寄せグルメ」の紹介動画から始めたんです。

 するとしばらくして、動画を見てくれた人から「ヨネスケさんらしくない」という感想があって……。「ヨネスケさんの良さは、人の家にズカズカと踏み込んでいくところじゃない?」ってね。で、外を歩いたり、商店街のお店の人にインタビューしてみようと。商店街なら、メンチカツとか、地元のおいしいものを食べたり、お店に来たお客さんと話してみたり。やっぱり、人とじかに接することが、僕ならではの「味」なんだと思っています。

 動画の手応えはどうかと聞かれると、「難しい」ですね……。もともと、僕のことを知らないような20〜30代の人に見てもらいたいという思いもあって動画を始めたんですが、何をやれば見てもらえるか、試行錯誤の繰り返しですよ。

 でも、試行錯誤し続けることこそが若さの秘訣なのかもしれません。コロナで家にこもるとめいってしまうけど、ユーチューブチャンネルのために、常にいろいろ考えてますから。

 足が弱ってしまわないようにウオーキングもしてます。漫然と歩くのではなく、いい景色だなとか、桜の花がキレイだ、いい家並みだなとか――。気になったらすぐにスマホで動画を撮る。それをスタッフに送信して、チャンネルで使えるか否か判断してもらう。何が受けるのかを考えることで脳が活性化していると思います。

■金髪へのイメチェンも刺激に

「70すぎの初チャレンジ」という意味で印象的だったのは、頭を金髪にしたことですね。お笑い芸人の千鳥さんが司会を務める「相席食堂」(ABCテレビ)という番組で、ロケで行った新潟県魚沼市の床屋さんで金髪にしてもらった。番組の中で金髪にする様子を撮ってもらうと同時に、僕のチャンネルでも撮影させてもらったんです。

 ただね、この年で金髪にして電車に乗ると、周囲の人は「なんだあのジジイは」みたいな感じで目をそらすんです。ちょっと心が痛かったですね(笑い)。

 仕事の都合で黒髪に戻しましたが、金髪にしてイメージチェンジしたこと自体、すごく刺激的でした。何事にも挑戦することが元気の秘訣だなって。

 そういう意味では、若い人との交流も大事。仕事をリタイアする前に役職についていた人の中には、どうしても上から目線が抜けないケースもあるじゃないですか。すると、若い人たちは「うざったいなぁ」と思いますよ。

 だからボクは、同じ目線で話をするように心がけてます。ユーチューブチャンネルのアイデアについても、「こんなのどうかな?」「何かない?」と目線を下げてスタッフに相談しています。

 とにかく、人と接点を持つことが元気の源。こういう時代だから、SNSでも交流する。インスタグラムやツイッター、ユーチューブですね。使い方がわからなければ若い人に「教えてください」とお願いするのも、おしゃべりのきっかけになる。僕らの年代だとなかなか話しかけづらいけど、やっぱりこちらから聞かないことにはコミュニケーションは取れないし、新しいことも覚えられない。

 女性との関係ですか?

 僕は今でも風呂上がりに化粧水なんかをつけたり、肌のケアに気を付けてます。だって、もし女性と「ベッドイン」することになったら、肌がカサカサだと恥ずかしいでしょ。今は彼女はいませんけど、つくれるならつくった方がいいね。若い女性とお付き合いすることも若さの秘訣になるかもしれない。でも、あまりに相手が若いと、僕がカラオケなんかで歌う曲が、「何? その歌」となることもある。40歳以上でないと、話が合わなくて困っちゃうでしょうね(笑い)。

▽ヨネスケ(本名・小野五六) 1948年、千葉県市原市生まれ。高座名は桂米助。67年、桂米丸に弟子入りし、浅草演芸ホールで落語家デビュー。85年にスタートした日本テレビ系「ルックルックこんにちは」の名物コーナー、「突撃!隣の晩ごはん」で人気者に。2020年9月、72歳にしてユーチューブ「突撃!ヨネスケちゃんねる」をスタートさせた。

関連記事(外部サイト)

×