鈴木保奈美も篠原涼子も…離婚が悪影響しない女優の“演出”と“武器”

鈴木保奈美も篠原涼子も…離婚が悪影響しない女優の“演出”と“武器”

鈴木保奈美(左)と篠原涼子(C)日刊ゲンダイ

「目立たないように、東京五輪開催のタイミングに合わせたのでは」(スポーツ紙芸能担当デスク)なんてうがった見方もある。

 ベテラン女優の離婚が相次いだ。7月16日には石橋貴明(59)と鈴木保奈美(54)が、24日には市村正親(72)と篠原涼子(47)が離婚を発表した。

「石橋さんと鈴木さんはYouTube動画で並んで離婚を報告、市村さんと篠原さんは署名入りの書面と2人並んで笑顔の近影を報道各社に送って報告しました。最後まで2ショットを見せることで『円満離婚ですよ』とアピールできますから、今後、芸能人カップルが離婚する際には倣う人が続出するかもしれませんね」(ニュースサイト編集者)

 昨年あたりから「離婚か?」と何度か報じられてきた2組のカップル。いずれも妻が女優という共通点がある。ドラマウオッチャーで芸能ライターの山下真夏氏がこう言う。

「お2人ともすでに確固たるポジションを築いてますから、基本的には今後の女優業に影響するとは思いません。ただ、篠原さんは、ひょっとすると今後しばらく“いいお母さん”役は厳しくなるかもしれませんね。親権が父親の市村さんというのも日本では珍しく、そのせいでよからぬ邪推をする人も増えそうですから。視聴者からの好感度という意味では少し苦しくなるかも」

 篠原については、ネット上でも〈親権がお父さんってよっぽど……と考えてしまう〉〈年上すぎる夫に飽きたのかな〉などと辛らつな書き込みが少なくない。

 一方の鈴木は、ここ最近の活躍は目覚ましい。2011年の大河ドラマ「江」で本格復帰した時には〈華がなくなった〉なんて口さがない連中もいたが、それも一瞬のこと。

「2018年と2020年放送の連ドラ『SUITS/スーツ』の幸村チカは当たり役で、ハイブランドの衣装やジュエリーを着こなして〈カッコいい〉と評判になりました。鈴木さんはザ・女優なカリスマ性があるのも強みですよね。NHKの連ドラ『ひきこもり先生』では、熱血ソーシャルワーカー役で〈いかにもこういう人いそう〉と思える自然な演技を見せましたし、2020年の連ドラ『35歳の少女』では白髪姿もいとわなかった。主演やキレイな役どころだけにこだわってないので、今後の女優業も順調かと。ファッション誌にもよく登場していますし、女性からの好感度も高そうですよ」(前出の山下真夏氏)

 とはいえ、鈴木、篠原は共に今回の離婚騒動で過去の恋愛事情を蒸し返され、〈奪った挙げ句にこの結果か〉なんて声も出てしまっている。

「そういった声が出て一時的に好感度が下がることは、鈴木さんも篠原さんも想定内ですよ。それでも女優として生きていくんだという相当強い意思があるから離婚したんでしょう。確かにCM関係はちょっと少なくなるかもですが……」(キー局関係者)

 CMのオファーが減ったとしても、本業の女優が順調であれば何の問題もない。そして2人とも同性からの支持がまずまず厚いというのが“武器“になりそうだ。

「鈴木と篠原が今後どんな役柄に挑戦していくのか。気になるところですが、批判の多くは“男性目線”で、2ショット報告という演出もうまい。女性の反感さえ買わなければ、すぐに元通りになるでしょう」(前出の在京キー局関係者)

 女優の離婚後の明暗を分けるのは、結局そこか。

関連記事(外部サイト)