松本潤は井上真央とやはり破局か超極秘愛を継続か…主演ドラマ決定で2023年までフル回転

嵐の松本潤と井上真央、超極秘交際を続けていて突然“大型婚”を発表する可能性も 

記事まとめ

  • 嵐の松本潤と井上真央については、結婚説と破局説が、入り乱れて報じられてきた
  • 松潤と井上真央は現在破局説が有力とされるが、サプライズの可能性もゼロではないよう
  • 2人の私生活は謎だらけなため、実は超極秘交際を続けて“大型婚”を発表する可能性も

松本潤は井上真央とやはり破局か超極秘愛を継続か…主演ドラマ決定で2023年までフル回転

松本潤は井上真央とやはり破局か超極秘愛を継続か…主演ドラマ決定で2023年までフル回転

井上真央(C)日刊ゲンダイ

 嵐の松本潤(38)が、来年1月期のテレビ朝日系連ドラ「となりのチカラ」(木曜夜9時)に主演すると発表された。俳優として大忙しになることから、いよいよ「結婚」の行方が分からなくなってきたという。

 嵐は昨年末に活動を休止。一時露出が減った松本だが、今年12月30日には「99.9―刑事専門弁護士―THE MOVIE」が公開。2023年のNHK大河「どうする家康」では主人公の徳川家康役を務める。

「そうした中、さらにドラマ主演が発表されたわけですから、まさに引っ張りだこ。今年10月期に米倉涼子主演の大ヒットドラマ『ドクターX』最新シリーズが放送される“木9”枠は、テレ朝が力を入れる時間帯です。松本にとっても嵐活動休止後初の連ドラ主演。失敗ばかりする父親役を松本が演じる社会派ホームコメディーで、内容は面白そうですが、コケられない勝負作になります」(ワイドショー芸能担当デスク)

 再来年まではフル回転することが分かり、ますます謎に包まれてきたのが、私生活の動向だ。松本をめぐっては近年、05年の連ドラ共演で交際を始めたとされる井上真央(34)との結婚説と破局説が、入り乱れて報じられてきた。

 井上は16年、デビュー以来所属した事務所を辞め、岸部一徳が代表を務める事務所に移籍。

「『結婚の準備か』との見方も出ましたが、同年、松本と人気セクシー女優の二股浮気疑惑が一部で出たことから、破局説が強まった。しかし、嵐活動休止直後の今年1月9日に迎えた井上34歳誕生日の入籍説が一部で報じられた。結局、何も動きはなく、正確な関係はベールに包まれている状態です」(女性誌編集者)

 井上も今年1月、主演映画「大コメ騒動」が公開され、10月期には日本テレビ系連ドラ「二月の勝者―絶対合格の教室―」に重要な役で出演するなど、女優として多忙な日々。また、NHK大河をめぐっては、主演が放送期間中、プライベートで大きな動きをすることをNGとする暗黙の“大河縛り”があるとされ、本当なら松本も動きづらい時期が続く。そうした背景もあって現在、破局説が有力とされるが、“サプライズ”の可能性もゼロではないという。

「ベストタイミングだった今年1月の井上の誕生日に何もなく、松本も大河を含めて再来年までスケジュールをびっしり入れたことで、やはり破局していたかという声が強いのですが、一方で、2人は一切交際について発言しておらず、SNSもしていないことから私生活は謎だらけなのも事実。実は超極秘交際を続けており、突然“大型婚”を発表するという可能性も否定しきれません。大河開始前の来年、電撃入籍するというシナリオも含め、マークはしています」(芸能ライターの吉崎まもる氏)

 結婚するにせよ破局したにせよ、“真の関係”を語る日は来るのか。

関連記事(外部サイト)