フリーアナウンサー生島ヒロシがアメリカでの苦労時代語る 1年間で2000ドル貯金

記事まとめ

  • フリーアナウンサーの生島ヒロシが現在の教訓となった苦労時代について語った
  • 生島は20歳の時に片道切符で渡米、どうにか空手の先生のアシスタントに就けたそう
  • 住み込みでメイドをしたり、園芸店で働いたりし、1年間で2000ドル貯めたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております