芸能界の“総合商社”ホリプロが抱える男優女優陣の結婚問題

芸能界の“総合商社”ホリプロが抱える男優女優陣の結婚問題

竹内涼真と石原さとみ(C)日刊ゲンダイ

【芸能プロの「光と影」】

 ホリプロ

 ◇  ◇  ◇

 現在、ホリプロは「ホリ・エージェンシー」などグループ12社からなる。創業者・堀威夫(現・ファウンダー最高顧問)の息子2人が経営者として指揮を執り、順調に業績を伸ばしている。

 タレントに個性があるように芸能プロも個性が色濃く出る世界。ホリプロもカラー(特徴)が随所に出ている。歌手からスタートした事務所は俳優、タレント、芸人から文化人、スポーツ選手まで広げ、さらに北大路欣也ら大御所俳優と業務提携。ソフトバンクのお父さん犬・カイくんの声役に抜擢するなどマネジメント力を発揮している。まさに芸能界の総合商社。

 タレントを支える社員も、「学歴無用」といわれた芸能界で、ホリプロは最初に新卒大学生を採用した。タレントのギャラも本来の歩合制から給料制を敷き、今も続けている。その効果か、タレントの独立は少なく、和田アキ子はデビュー以来、丸50年在籍している。CMや映画製作にも携わった。最近は舞台制作からネットコンテンツも手掛けるが、芸能プロの命でもあるタレントも絶やすことがない。

 舟木一夫ら歌謡曲スターでスタートしたホリプロは森昌子、山口百恵のアイドルをつくり、フォークブームでは井上陽水、浜田省吾を手掛けた。「時代の流れを読み、先を見越したタレントの育成が芸能プロの腕」といわれる世界。ホリプロは常に先手を打つ。

「ホリプロタレントスカウトキャラバン」は当初、アイドル歌手を主に発掘していたが、バラエティー時代の到来を見越していたかのように、山瀬まみ、井森美幸をタレントとして進出させていた。今も“こじるり”こと小島瑠璃子が2人のカラーを引き継いでいる。若手イケメン俳優ブームでも若手女優界でも常に先を行く。そこにはホリプロの戦略が見えてくる。

「俳優の出世コースに定着しているNHKの“大河”と“朝ドラ”はどの事務所も力を入れていますが、ホリプロは早々にNHKドラマに照準を絞り、着々と実績をつくりNHKの信頼をつくり、次につなげている」(放送記者)

 2004年「新選組!」で優香のヒロインをきっかけに翌年の「義経」には石原さとみ。09年は妻夫木聡が「天地人」でホリプロ初の主演。松山ケンイチの「平清盛」、昨年の鈴木亮平の「西郷どん」と続く。綾瀬はるかも「八重の桜」の主演後、ファンタジードラマ「精霊の守り人」を挟み放送中の「いだてん」ではヒロインとすでにNHKの顔的な女優。朝ドラでも波瑠、高畑充希が主演。民放にシフトして活躍を続けている。

 イケメン俳優・竹内涼真も朝ドラでブレークした。ここまでは事務所の青写真通りに俳優陣は育ってきているが、この先はまだ壁がある。俳優が必ず迎える結婚適齢期。藤原竜也、妻夫木、向井理はそれぞれ家庭を持ち本格派俳優にシフトしても成果を出しつつある。竹内もどこでイケメン俳優枠から脱却するかがカギ。

 一方、女優陣には一抹の不安が残る。最近の深田恭子、石原は恋愛話がしきりに喧伝され、仕事にも微妙に影響しているようにドラマが伸び悩んでいる。30歳を過ぎれば女優も仕事と結婚の板挟みで悩む。事務所は結婚のタイミングを計る。

 山口百恵は結婚で引退を選択したが、結婚、出産しても復活できる時代。宮沢りえ、松嶋菜々子、篠原涼子は母親になって復帰。一線で活躍している。結婚適齢期を迎える女優を多く抱えたホリプロ。結婚後もトップを張れる女優をつくれるかが今後の課題になってくる。

関連記事(外部サイト)