フリーアナ新井恵理那は全局・全時間帯“完全制覇”が目前に

新井恵理那フリーアナは見ない日はない活躍ぶり、「タレント出演ランキング」女性2位

記事まとめ

  • 昨年「タレント番組出演本数ランキング」でトップ10入りの、新井恵理那フリーアナ
  • 総合では国分太一や設楽統、博多大吉、坂上忍、上田晋ら芸能人の中7位、女性2位の快挙
  • "キス写真"で活動自粛も、ビートたけしに救われ、現在は顔を見ない日はない活躍ぶり

フリーアナ新井恵理那は全局・全時間帯“完全制覇”が目前に

フリーアナ新井恵理那は全局・全時間帯“完全制覇”が目前に

フリーアナウンサーの新井恵理那(C)日刊ゲンダイ

【女子アナ水滸伝】(7)

 昨年の「タレント番組出演本数ランキング」(ニホンモニター)で見事トップ10入りを果たしたセント・フォース所属の新井恵理那アナ(29)。

 総合順位では国分太一(TOKIO)や設楽統(バナナマン)、博多大吉、坂上忍、上田晋也(くりぃむしちゅー)ら名だたる人気芸能人の中で7位、女性タレント部門では近藤春菜(ハリセンボン)に次ぐ2位という快挙だ。

 同調査は現役の局アナは対象外だが、朝の帯番組メインを務める夏目三久アナ(元日本テレビ)、人気や知名度で上をいく加藤綾子アナや高橋真麻アナ(共に元フジテレビ)、田中みな実アナ(元TBS)らを上回るとは、誰も予想できなかったのではないだろうか。

 現在のレギュラー番組は、MCを務める「世界ナゼそこに?日本人〜知られざる波瀾万丈伝〜」(テレビ東京系)のほか、「グッド!モーニング」(テレビ朝日系)など計5本。さらに、不定期番組やインターネットテレビ、ラジオ番組を含めると10本近くにもなる。

 1週間のうち一日も彼女の声を聞けない曜日はなく、出演時間帯も朝・夕・夜・深夜と幅広いため、多くの視聴者に顔を覚えられているに違いない。

 あとはフジの昼番組(「バイキング」?)でレギュラーを持てば、全局・全時間帯“完全制覇”となるのだが、さすがに体を壊してしまいそうだ……。

■ビートたけしに救われて…

 父の赴任先であるアメリカで生まれ、何度か日米を往復したあと、国学院高校から青学に進学。その美貌から、すぐにキャンパス内でも知られた存在となり、「ミス青山」グランプリを獲得。現所属事務所の学生キャスター部門だった「スプラウト」にスカウトされ、当時の人気情報番組「PON!」(日テレ系)では、歴代担当者に現フジの宮沢智アナらが名を連ねる曜日別お天気お姉さんを務めた。同時期、民放キー局の新卒アナ候補者として最有力だったが、彼女はフリーアナの道へ。2013年からは同じく日テレ系の早朝番組でエンタメキャスターを務めていた。

 しかし、彼氏とおぼしき男性との“キス写真”が流出してしまい、約3カ月の活動自粛を経て降板に追い込まれてしまう。

 そんな新井アナを救ったのが、現在も番組で共演しているビートたけしだ。騒動から本格復帰となった「新・情報7daysニュースキャスター」(TBS系)では、学生時代以来となるお天気キャスターを担当。清楚で透明感のあるルックスはもちろん、丁寧な仕事ぶりも気に入られ、現在まで5年近くレギュラー出演が続いている。

 昨年は連続ドラマでキムタクとの共演も果たした新井アナ。次に狙うのは映画か、それとも?

(女子アナ評論家・松本京也)

関連記事(外部サイト)