映画主演の経験も…日テレ市來玲奈は乃木坂46出身の清純派

日本テレビ市來玲奈アナウンサーの異色キャリア 乃木坂46出身、映画主演経験も

記事まとめ

  • 日本テレビ・市來玲奈アナウンサーは、「乃木坂46」の第1期生だった
  • 「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で山本匠晃アナと組み「DSCJ」で見事優勝
  • 松本志のぶアナ、徳島えりかアナが担当した「行列のできる法律相談所」3代目秘書に

映画主演の経験も…日テレ市來玲奈は乃木坂46出身の清純派

映画主演の経験も…日テレ市來玲奈は乃木坂46出身の清純派

日本テレビの市來玲奈アナウンサー(C)日刊ゲンダイ

4月で入社2年目を迎える日本テレビ・市來玲奈アナ(23)。全国に約130人しかいないという珍しい名字もさることながら、彼女のキャリアは歴代アナウンサーの中でも前例のないものばかりである。

 入社前、多数のメディアに報じられたので、すでに多くの方がご存じかと思うが、市來アナは「乃木坂46」の第1期生。といっても、同グループの結成時は現在ほど人気がなく、同期36人中の1人だったので、アイドル時代の彼女をまったく知らないという方も少なくないはず。当時の彼女の人気は“中の上”といったところ。1stシングル「ぐるぐるカーテン」から4thシングル「制服のマネキン」まで、4作連続で選抜チーム16人には入ったものの、一度も「福神(=フロントメンバー)」には入ることができなかった。

 しかし、結成オーディションの応募総数3万8934人の中から合格したことは“神レベル”といえる。「遠くに住んでいる祖父母に、テレビに映る姿を見せてあげたい」という理由からアイドルになった彼女は、乃木坂46のメンバーとして約3年間活動した後、早大文学部への内部進学後、新たな目標のためにグループを卒業した。

 翌年、日本プロフェッショナルボールルームダンサーズ協会主催「NBDAダンススポーツ競技会」に出場。いわゆる社交ダンスの大会なのだが、実は彼女、小学校の頃から数多くの大会で好成績を残してきた実力者なのである。

「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)の企画として山本匠晃アナと組み、「DSCJ 1級戦 スタンダード部門」にエントリー、2種目で1位を獲得して見事優勝。元アイドルが真摯な態度で競技に取り組む姿は、視聴者の大きな反響を呼んだ。

 映画で主演経験がある民放キー局アナも、おそらく彼女が初めて。

 所属事務所の系列会社が製作・配給したマイナー作品ではあるが、2作品でヒロインを務め、自身の芸歴の最後に大きな花を添えた。

■デビュー当時の広末涼子を彷彿

 日テレ入社後も、その活躍ぶりは目を見張るばかり。研修期間を終えてすぐ、リニューアルしたばかりの「news zero」に抜擢され、カルチャーとお天気を担当。大先輩の松本志のぶアナ、徳島えりかアナが担当した「行列のできる法律相談所」3代目秘書としても、持ち前のユーティリティーなスキルを存分に発揮している。

 どこかデビュー当時の広末涼子を彷彿させる清純派オーラをまとっている市來アナ。これからどんな女子アナに成長していくのか、楽しみに見守っていきたい。

(女子アナ評論家・松本京也)

関連記事(外部サイト)