FC会費で年間100億円 嵐「活動休止」の思惑とファン心理

嵐「活動休止」で、ファンクラブ会員の複雑な心理

記事まとめ

  • 推定250万人を超えるファン会員数を誇る嵐は、関ジャニ∞と比べても4倍ものスケール
  • ジャニーズ事務所は既存会員の「20周年ツアー」チケット抽選優先を発表している
  • 安室奈美恵さん引退公演では、ラストコンサートに行けない既存ファンが多数発生した

FC会費で年間100億円 嵐「活動休止」の思惑とファン心理

FC会費で年間100億円 嵐「活動休止」の思惑とファン心理

解散発表から1カ月。FC会員はまだまだ増え続けている(C)日刊ゲンダイ

2020年いっぱいでの活動休止を発表しているアイドルグループの嵐。衝撃を与えた会見から1カ月以上経った今も、その波紋は続いている。

「休止まであと2年ほどあるとはいえ、グループで出演しているテレビ番組やCMなどは、今後についてスポンサーなどと話し合いを進めていますよ。国民的なトップアイドルでしたから、その代わりはなかなか見つかりませんね」(広告代理店関係者)

 それ以上に動揺が収まらないのは、彼らを支え続けた熱狂的ファンだろう。現在、推定250万人を超える会員数を誇る彼らは、同じジャニーズ事務所で2番目の会員数の関ジャニ∞と比べても4倍ものスケールだ。

「ジャニーズは基本的にファンクラブに入っていないと、コンサートチケットを購入することができないんです。なので、生で嵐を見たいと思ったら、ファンクラブに入ってコンサートチケットを買うしかない。会見後に駆け込みで入会した人は10万人以上もいるようですし、まだまだ増える見込みだそうですよ」(スポーツ紙記者)

 それを見越してか、ジャニーズ事務所は会見後すぐに、すでにファンクラブに入っている会員が、「20周年ツアー」のチケットの抽選では優先されることを発表している。例えば、18年に引退公演をした安室奈美恵(41)のときは、新規ファンが一気に増え、既存ファンがラストコンサートに行けないという事態が多数起こったという。

「ジャニーズ側が既存ファンを優先することを発表してくれたことは、ファン思いだなって初めはすごく感謝しました。でも、復帰コンサートのチケット発売でも既存ファンを優先するとしたら、活動休止中もずっとファンクラブの年会費4000円を払い続けないといけないんだなあって、ファン仲間と話しています。もちろん、休止後もやめるつもりはありませんが、休止期間が何年も続いたらと思うと、すごく不安になりますね」(ファンクラブ会員のひとり)

 250万人から毎年4000円を集めると、事務所としては年間100億円が入ることになる。それをみすみす手放すのは惜しいということだろう。

「会見でも、大野智は芸能界引退も考えていたことを明かしていました。それでも、即引退やグループ解散ではなく活動休止が落としどころになったのは、年間100億円という莫大な利益を生むファンクラブを失いたくないという事務所側の思惑もあったでしょうね。しかも、コンサートチケットの抽選を既存ファン優先となれば、ファン心理としては、復帰コンサートを見たいという思いから簡単にやめられない。ジャニーズ事務所は発表していせんが、デビュー25周年になる23年復帰説が囁かれています。ただ、3年間の休養で大野が戻ってくるかどうかは微妙なところ。そうなると、ファンはずるずると年会費を払い続け、事務所には巨額な会員費が入り続けることになるでしょうね」(芸能ジャーナリスト・浅見麟氏)

 ファンへの優しさが、逆にファンを苦しめることになるのだろうか……。

関連記事(外部サイト)