香取慎吾はお気の毒…“4000時間密着”特番がOAたったの30分

香取慎吾の特番が"ローカル放送"OAで30分 民放のジャニーズへの忖度か

記事まとめ

  • 「BOUM!BOUM!BOUM! 密着!4000時間アーティスト香取慎吾2年間の軌跡」(TBS)が24日放送
  • 香取のアーティスト活動を追った30分特番だが、SMAP時代には考えられない関東ローカル
  • 先月15日公開の稲垣吾郎主演映画「半世界」も評判は良いのに民放はどこも扱わなかった

香取慎吾はお気の毒…“4000時間密着”特番がOAたったの30分

香取慎吾はお気の毒…“4000時間密着”特番がOAたったの30分

香取慎吾(C)日刊ゲンダイ

先月24日に、「サントリーオールフリーpresents BOUM!BOUM!BOUM! 密着!4000時間アーティスト香取慎吾2年間の軌跡」(TBS)が放送された。3月15日から豊洲「IHIステージアラウンド東京」で開催される国内初の個展を控え、香取のアーティスト活動を追った30分特番だが、SMAP時代には考えられない関東ローカルでの放送だった。

「取り上げていたのはカルティエやBMW、香港政府観光局からの依頼による作品制作、ルーブル美術館に隣接するホールでの個展など華麗なる活動です。アーティストとしてはほぼ無名の香取にこれほど大仕事が舞い込むのは香取らを誘って事務所を立ち上げたマネジャーの手腕です。さすがという気がしました。ただ、ジャニーズ時代なら考えられないローカル枠は驚きで、『4000時間』も密着取材したのに、わずか30分のオンエアはもったいないと思いました」(芸能関係者)

 内容的には同じTBS系の「情熱大陸」で放送してもおかしくないほど。それが関東ローカルでは違和感があったのも仕方がないところ。

 先月15日に公開された稲垣吾郎の主演映画「半世界」も評判は良いのに民放はどこも扱わず。かろうじて、NHKの「あさイチ」に共演者のひとりの長谷川博己が出演した際にPRしていた程度。民放のジャニーズへの忖度(そんたく)がずっと続いているということだろうか。

関連記事(外部サイト)