守永真彩さんは酒豪の母・白石まるみさん同伴で飲み会出席

守永真彩さんは酒豪の母・白石まるみさん同伴で飲み会出席

タレント・シンガーの守永真彩さん(C)オフィスウォーカー

グラビアアイドルとしてデビューし、女優やMC、歌手までと幅広く活動する守永真彩さん(27)は母親である80年代デビューのタレント、白石まるみさんと友達のように飲み歩くという。自身は焼き鳥屋でハイボール好きだが、母親とどちらが強いかというと……。

 ◇  ◇  ◇

 初めて飲んだのは成人式の日の夜。同窓会みたいに中学の同窓生が大勢集まった飲み会で。私はお酒の飲み方や、どのくらい飲めば酔うのかがわからなくて、ジュースみたいに飲みやすいカシスオレンジを「おいしい、おいしい」とけっこうな量を飲んでしまってベロベロになり、足が立たなくなっちゃったんです。

 それで、中学の時に付き合っていた元彼と、小学校の時の初恋の人の2人に抱きかかえられながら帰る羽目に。私の家を知っているのが初恋の人で、ひとりじゃ抱えられないから元彼が手伝ったんですよ! 初恋の人は私の気持ちは知らなかったけど、2人に抱えられて恥ずかしかった。お酒初体験は、大いなる失敗の思い出(笑い)。

 家に帰ったら母にすごく叱られました。でも「何やってるの!」よりも、「初めてお酒を飲む時はママと飲むって約束したじゃない! なんで他の人と飲んじゃったの!」というところで怒られました(笑い)。

 その後お酒は好きになって、最初の1杯はビールを飲み、次にハイボールというパターン。ワインも好きだし日本酒も飲めます。逆に甘いお酒は苦手に。

 母とはよく飲みます。ある日、8人くらいの男女の飲み会に母を連れていったら、みんな私の年上の女友達だと思っていたらしく、ある時に私が「ママ」と呼んだら、「え? お母さんなの!」とみんなビックリ。その場が合コンみたいな状態だったから、「まさかお母さん連れて来るとは!」と。男性陣はお母さんがいる前で私や他の女の子を口説けないじゃないですか(笑い)。

 私は男の人に飲みに誘われたら母を連れていきがちです。母を友達と思ってるくらい楽しいし、男の人に口説かれることもないし、一緒に暮らしてるから帰りも一緒だし、一石三鳥(笑い)。

■母はビールをチェイサーに焼酎

 お酒が強いのは断然、母です! 母はお酒が大好きで、家でも飲まないと眠れなくて、毎日飲まないとダメな人。大量には飲まないけど、日本酒や焼酎を飲みながらチェイサーがビールなので、体にはよくないと思います。酔っぱらってくるのは私から見るとわかりますね。

 私自身は自分が酔うまでのリミットが最近わかりました。最初にビールを1杯飲んで、ハイボールに替わって7杯目から酔い始める。

 え? けっこう飲んでますかね? 母娘でこうだから、一緒にいる男の人は「誘って失敗したな……」とイヤになるでしょうね。

 店は焼き鳥屋さんが大好きです。ハイボールを飲みながら焼き鳥つまんでるのが幸せ。

 グラビアやってる女の子って実際には中身がおっさんみたいな子が多いので(笑い)。

 男性スタッフの中で水着になってポーズをとる仕事をしていると、男勝りになってしまうのかもしれません。恥じらいもなくなっていくし。ハハハ。

 最近はジャズを歌う活動もしてます。お酒に音楽は欠かせないので、お客としてもライブハウスによく行き、音楽を聴きながら飲んでます。

 ジャズライブは大人のぜいたくな時間だと思うので、私もこれからはお酒がおいしくなる音楽を提供できるようになったらと思います。

 (聞き手=松野大介)

▽もりなが・まあや 91年8月東京都生まれ。09年にグラビアアイドルとしてデビュー。週刊誌で元アイドルの白石まるみと母娘グラビアを飾り、話題に。「日曜レース展望 KEIBAコンシェルジュ」(MC、グリーンチャンネル、土曜)、その他「スターゴルフマッチU」(テレビ埼玉)にレギュラー出演。楽天競馬「ポッ娘」のCMキャラクター。ジャズのシンガーとして6月16日にキーストンクラブ東京でワンマンライブ開催。

関連記事(外部サイト)