有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

有村架純主演のNHK朝ドラ「ひよっこ」の続編「ひよっこ2」が異例の地上波での放送

記事まとめ

  • 有村架純主演の「ひよっこ」の続編「ひよっこ2」が25日から地上波で放送される
  • 「朝ドラはBSプレミアムでスピンオフ作品を放送するのが恒例」とテレビ誌記者
  • 脚本家の岡田惠和さんは「"渡鬼"的な終わらない話が書きたい」と語っていたそう

有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

また会える(C)日刊ゲンダイ

昭和30〜40年代を舞台に、有村架純(26)がヒロインを演じたNHK連続テレビ小説「ひよっこ」(2017年度上期)の続編「ひよっこ2」が、25日から4夜連続で放送される。NHK朝ドラの続編は第76作「どんど晴れ」(07年度上期)以来、地上波の放送となると、第64作「ちゅらさん」(01年度上期)以来だという。

「第89作の『べっぴんさん』(16年度下期)以降、朝ドラはBSプレミアムでスピンオフ作品を放送するのが恒例になっていますが、“続編”を地上波で、というのは異例です」(テレビ誌記者)

 有村扮するみね子が、勤務先の洋食店すずふり亭の見習いコック・ヒデ(磯村勇斗)と結婚するほか、数々のカップルが生まれてハッピーエンドの前作。「ひよっこ2」はその2年後、昭和45年秋から始まる。

 女優になった時子(佐久間由衣)、時子にフラれて勤め先の米屋の娘と結婚した三男(泉澤祐希)といったみね子の同級生、みね子の両親(沢村一樹、木村佳乃)、すずふり亭、乙女寮、あかね荘の面々など、気になることは多いが……。

 ネット上の「30分×4話で収まりきるんだろうか」と心配する声に対し、「収まりきらなくて当然です」とは、テレビコラムニストの亀井徳明氏。「現実的には難しいかもしれませんが」と前置きした上で、こう続ける。

「『ひよっこ』放送当時、これは『北の国から』と『サザエさん』を合わせたような存在になりえると思ったんです。毎日とか毎週が無理でも、視聴者がいつでもあの世界に入り込めるような…。実際、放送終了後に脚本家の岡田惠和さんがインタビューで、『渡る世間は鬼ばかり』的な終わらない話が書きたい、というようなことを語っていて、なるほどと思いました」

「ひよっこ2」の放送は月〜木曜の夜7時30分。リアルタイムで視聴するのは難しい人も多いかもしれないが、タイムシフト視聴率の結果次第では、さらなる続編ができる?

関連記事(外部サイト)