広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲も…NHK朝ドラで母親挑戦の期待と心配材料

NHK朝ドラ「なつぞら」母親役に挑戦の広瀬すずに「違和感がある」などのコメント

記事まとめ

  • 広瀬すずは、母親役を演じることについて「ワクワクしています」と語っている
  • ネットでは、広瀬の母親役に「違和感がある」といったコメントが相次いでいる
  • 「広瀬の演技力は、数々のドラマなどで証明済み」とコラムニストの桧山珠美氏

広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲も…NHK朝ドラで母親挑戦の期待と心配材料

広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲も…NHK朝ドラで母親挑戦の期待と心配材料

演技派(C)日刊ゲンダイ

初の母親役に「母性がダダ漏れ」と話しているという。4月1日から放送されるNHK朝ドラ「なつぞら」に主演する女優の広瀬すず(20)。

 広瀬は母親役を演じることについて「私自身、子供が大好きなので、ワクワクしています」と語り、「ダダ漏れ」と明かしたという。記念すべき100作目の朝ドラに意欲満々のようだが、まだ20歳の広瀬の母親像がピンとこないようで、ネットには「しっくりこない」「嫌な予感がする」「違和感がある」といった、ややネガティブなコメントが相次いでいる。

「なつぞら」は戦争孤児になったヒロインの奥原なつ(広瀬)が北海道の養父母のもとで育ち、アニメーターを目指して上京する物語。広瀬は結婚、出産のお芝居は初体験となる。

「現在放送中の朝ドラ『まんぷく』では安藤サクラ(33)が母親役を好演。安藤は実生活でも一児の母だけに、違和感のない演技が評価されています。広瀬は当然、安藤と比較されるでしょうから、大変ですね」(テレビ誌ライター)

 広瀬は世間の心配をよそに、母親役を演じ切ることができるのか。コラムニストの桧山珠美氏はこう言う。

「広瀬さんの演技力は、数々のドラマなどで証明済み。子供っぽく見られがちですが、母親役もこなせると思います。安藤サクラさんの後でプレッシャーもあるかもしれませんが、杉田かおるさんは15歳で『3年B組金八先生』(TBS系)、志田未来さんは14歳で『14才の母』(日本テレビ系)に母親役で出演しました。また、姉のアリスさんが一足早く朝ドラデビュー。負けず嫌いの広瀬さんには、いい刺激になっているでしょう」

 しかし、懸念材料もある。広瀬がこれまで演じた最高年齢は20代まで。今回は10代から50代までと幅広く演じるようだ。

「広瀬さんは人気者ですが、アンチも多い。かつてバラエティー番組で、裏方さんをバカにするような発言をして視聴者の反感を買った。それがまだ尾を引いています。アラ探しをするように色眼鏡で見る人も多いはず。10代、20代はいいですが、実年齢以上の役を演じるのは見物です。もともと朝ドラは新人女優発掘の場。半年間でどれだけ成長するかを視聴者は楽しみにしています。ところが、広瀬さんはすでに経験豊富な女優。失敗するとアンチに叩かれるだけの半年間になるでしょう」(前出の桧山氏)

 朝ドラの記念作は、広瀬にとって“正念場”になりそうだ。

関連記事(外部サイト)