写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

米津玄師が、松田翔太、城田優、Fukaseら参加の自身のバースデーパーティーで泥酔か

記事まとめ

  • 米津玄師が菅田将暉の新曲を作詞・作曲・プロデュースすることが明らかになった
  • 米津は松田翔太、城田優、Fukaseらが参加したパーティーで泥酔していたと報道された
  • 米津は、ゲス極の川谷絵音、RADWIMPSの野田洋次郎とも仲が良いという

写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

菅田将暉の新曲をプロデュース(C)日刊ゲンダイ

紅白出場で注目を浴びた米津玄師(28)が菅田将暉の新曲「まちがいさがし」を作詞・作曲・プロデュースすることが明らかになった。

 2017年に「灰色と青(+菅田将暉)」をリリースした際、米津が菅田将暉に直談判してコラボが実現。以来親交を深め、今回は米津が菅田に恩返しする形となった。

「灰色と青」はYouTube再生回数1億回を突破。米津の楽曲とあらば菅田の新曲も大ヒット間違いなしである。

 そんな米津のバースデーパーティーの泥酔姿を発売中の「フライデー」が報じている。誕生日の翌日11日に南青山で行われたパーティーには、松田翔太(33)、城田優(33)、セカオワのFukase(33)、社会学者で小説が芥川賞候補に挙がった古市憲寿(34)らが集まった。米津はアリーナ全国ツアーを終え、一段落着いたのか、気のおけない仲間が揃ったせいなのか、宴が終わって店を出る頃にはひとりで立っていられないほど泥酔していたという。

 米津といえば、昨年末のNHK紅白などで初めて顔を見せたくらいで、私生活は謎のまま。彼女が事務所の社長をしていることが報じられたが、その後の進展はない。あとは、芸能界仲間のSNSで一緒に写っている姿を見かけるくらいである。

「SNSなどで発信している有名人が多い中、プライベートを隠していることで、楽曲に対する思いが広がり、作品の価値を上げています。かといってかたくなに非公開を貫くわけでもなく、友人のSNSには快く協力するところも好印象。程よくミステリアスな存在でいることで株を上げるアーティストです」(芸能リポーター)

 そのほか、ゲス極の川谷絵音(30)、RADWIMPSの野田洋次郎(33)とも仲が良いという米津。しかし、友人は揃いも揃ってみな長身細身、前髪で隠れていて顔の印象が薄い“今どき男子”ばかり。こっそり入れ替わってたりして。

関連記事(外部サイト)